現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 未経験の人が現場監督になるためのステップと必要な能力 » ステップ1:働きたい現場から派遣元をチェックする » 大豊建設

大豊建設

大豊建設
画像引用元:大豊建設公式HP
https://www.daiho.co.jp/

高い技術力で土木事業を手掛ける

高い工法技術力

建物などを構築する上で欠かせない高度な工法技術を持っているのが大豊建設の強み。その1つがニューマチックケーソン工法です。この工法は、あらかじめ地上で下部に作業室を設けた鉄筋コンクリート製の函(ケーソン)を築造するとともに、作業室に地下水圧に見合う圧縮空気を送り込むことによって地下水を排除し、常にドライな環境で掘削・沈下を行って所定の位置に構築物を設置するのが特徴。橋梁の基礎やシールド工事立坑、ダムの基礎など、地下構造物に幅広く用いられています。

さらにこのニューマチックケーソン工法を改良したのが「New DREAM工法」。高気圧作業の無人化技術や安全対策技術を施工条件に応じて適宜組合せて使用することをコンセプトとしており、大幅な施工効率のアップと安全性の向上が図れるほか、特に掘削機メンテナンスシステムを装備した場合は、高気圧作業の実質的な「完全無人化」が実現できます。

環境保全の取り組み

環境保全に対する取り組みを積極的に行っているのもこちらの会社の魅力です。例えば浚渫土砂再生処理工法は、浚渫した土砂に含まれるレキ、砂などを分別し、残りの高含水比の泥水を高圧脱水で第2種処理土とすることが可能。これにより、浚渫土の大幅な減容化とリサイクルができる工法となっています。処理工程で排出される砂利、砂は建材として再利用され、脱水ケーキは路床材や盛土材として有効活用できるほか、港湾の浚渫土だけでなく、池や河川の低濃度泥水の処理にも活用できるのがポイントです。

建築物には欠かせない外断熱工法

外断熱工法とは、は断熱性、耐火性に優れた無機質系炭酸カルシウム完全独立発泡体パネルと型枠を一体化し、コンクリートを打ち込んで外断熱を形成する工法。内断熱に比べ、多くの優位性あるにもかかわらず、コストが高いことや施工の複雑性、意匠上の制約などがネックとされていましたが、これらを解消した工法となっています。

大豊建設の特徴まとめ

大豊建設で際立つのが技術力の高さ。ニューマチックケーソン工法やNew DREAM工法をはじめ、様々な工法の中から建設する構築物の特徴などに合わせて最適な工法を選ぶことができるのが魅力です。

建築実績

  • ヤオコー大宮店
  • オリックス宇田川町ビル
  • ホンダクリオ新東京多摩店
  • カインズホーム館山店
  • 宝塚園芸流通センター
  • 三田ショッピングセンター
  • 屋久町特産品展示施設
  • トヨタレンタリース 札幌北34条駅前店
  • ゆみーる鎌取
  • 富山第一銀行下新支店
  • ヤオコー取手店
  • 九州大学
  • 水素材料先端科学センター
  • 日本大学 生物資源科学部西富士校地宿泊棟
  • 国営越後丘陵公園花と緑の館 (休憩棟)
  • (株) 崎陽軒 横浜工場
  • 日立建機 (株)
  • ひたちなか第1工場
  • レジデンス・ザ・武蔵小杉
  • 遠野第二ダム
  • 門入ダム
  • 大滝ダム
  • 東京湾アクアライン中央トンネル木更津南その2
  • 名神高速道路一宮インターチェンジ改築

会社情報

会社名:大豊建設株式会社

所在地:東京都中央区新川一丁目24番4号

電話番号:03-3297-7000

大豊建設が現場監督に求める資質とは

1949年に設立され、70年以上の歴史を持つこちらの会社は、土木事業をメインに行うゼネコンで、建築ではマンション建設工事を主体に事業を行っています。そのため、マンションなどの大型建築物に携わる機会が多いため、様々な下請け業者との調整などをしっかりと行わなければなりません。そのため、コミュニケーション能力がある人材が求められると言えます。

現場で働く社員の声

充実感を満喫

施工計画から管理までを一任されるという、いわゆる初の現場リーダーを経験したのは入社4年目のこと。川幅が500mもある首都圏の橋梁下部工工事でした。橋を架けるため河川内に橋脚を構築する工事を、11月から翌年5月の渇水期間内にやり遂げなければならないため、上司の下で働いていた時とは意識がガラッと変わったことを覚えています。進捗や施工手順の確認で頭がいっぱいになるなど大変なこともありましたが、それよりもこれまでに感じたことがない仕事の楽しさや面白さに直面する毎日。当時は独身だったこともあり、まさに寝食を忘れての仕事でした。なんと、気づいたら10Kgも自然減量してしまうほど。現場の作業員さんとの関係も良好で、ゴールに向かって共に歩む充実感を満喫など、体は細くなってしまったけれど現場監督としては大きく成長することができた7か月間でした。

東京タワーを見ると思いだす初心

入社から間もなく携わることになったのが都内のマンション建設です。基礎工事後の建物の主要な構造体を作る工事を担当しました。コンクリートを流しながら固めていくこの工程は、1フロアに約2週間ほどかかり、それを1階から順々に行い上位階へと進めていきます。そして最上階の躯体工事が完成し、最上階のフロアから外に目を向けた時に飛び込んできたのが、ライトアップされた東京タワー。その美しさに感動したことを今でも覚えています。今でも東京タワーを見ると、あの頃にジーンと湧き上がってきた達成感を思い出すのはもちろん、初心に立ち返ることができるのはよい思い出です。

現場監督の経験が積める他の会社について詳しく