現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 未経験の人が現場監督になるためのステップと必要な能力 » ステップ3:資格を取る

ステップ3:資格を取る

現場監督になるための資格の種類

建築業の資格である施工管理技士の種類は6つで12階級あります。

施工管理技術検定試験に合格すると、その種目の名称と級を関する技士の称号である「2級建設機械施工技士」などのように技士を称することができるようになります。これにより、一定水準以上の技術を持つということが公的に認められるようになります。

それぞれの種類と段階をご紹介します。

  1. 建設機械施工技士
    建設現場に欠かせないブルドーザーや油圧ショベルなどの運転と施工の業務に携わる運転技術者、また一般建設業の現場の主任技術者として施工管理を行う資格です。
  2. 土木施工管理技士
    河川、道路、橋梁などの土木工事で、主任技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事に必要な技術上の管理などを行う資格です。
  3. 電気工事施工管理技士
    電気工事の管理と監督をするための資格です。
  4. 管工事施工管理技士
    冷暖房設、空調設備工事、給排水・給湯設備工事、浄化槽工事、ガス配管工事などの管工事において、施工計画を作成し、工程管理、品質管理、安全管理などを行う資格です。
  5. 建築施工管理技士
    1級建築施工管理技士は、一般建設業、特定建設業の許可基準でもあり、営業所ごとに置かなければならない専任の技術者です。建築施工において、施工計画、安全管理、品質管理、工程管理を行いながら建築を完成させなければならないので、高度な技術的スキルが求められるといわれています。
  6. 造園施工管理技士
    屋上の緑化や公園・庭園、遊園地などの造園工事の施工計画を作成し、現場の工事を適正に施工するための資格です。

以上の1~6の管理技士には、それぞれ1級と2級とがあり12階級になっています。

現場監督になるための資格情報

施工管理技士の資格を取得したいと考えていても、試験の資格や難易度などが よく分からずに悩んでいる方が多いようです。このページでは、それぞれの施工管理技士の試験について、ご紹介しています。

建築施工管理技士(1級)

受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方

  • 大学又は専門学校の高度専門士で指定学科の卒業の場合、卒業後3年以上の実務経験のある方
  • 指定学科以外の卒業の場合、卒業後4年6ヶ月以上の実務経験のある方
  • 短期大学又は5年制高等専門学校又は専門学校の専門士で、指定学科の卒業の場合、卒業後5年以上の実務経験のある方
  • 指定学科以外の卒業の場合、卒業後7年6ヶ月以上の実務経験のある方
  • 高等学校又は専門学校の専門課程で、指定学科の卒業の場合、卒業後5年以上の実務経験のある方
  • 指定学科以外の卒業の場合、卒業後11年6ヶ月以上の実務経験のある方
  • その他(最終学歴を問わず) の場合、卒業後15年以上の実務経験のある方
  • 2級建築士試験合格者の場合、合格後5年以上の実務経験のある方
  • 2級建築施工管理技術検定合格者の場合、合格後5年以上の実務経験のある方

指定学科の詳細や詳しい規定その他については、 試験実施機関HPをご確認ください。http://www.fcip-shiken.jp/

試験科目

  • 建築学等
  • 施工管理法
  • 法規
  • 施工管理法

難易度・合格率

平成29学科試験合格率39.7パーセントで、難易度はやや難しいといわれています。

平成29実地試験合格率33.5パーセントで、難易度はやや難しいといわれています。

勉強方法

受験資格に実務経験が求められているので、働きながら資格を取得する人ほとんどです。出題範囲が広く、難易度も高いので民間の試験対策講座や資格試験スクールの講座を受けると、効率的に勉強することができます。また設計図書にもとづいた施工計画の立案といった建築施工管理に関する応用問題対策もしておきましょう。

施工管理技士1級について詳しく

建築施工管理技士(2級)

受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方

  • 8年以上の実務経験を有する方
  • 4年制大学を卒業し、1年6ヶ月以上の実務経験を有する方
  • 4年制大学の指定された過程を納め1年以上の実務経験を有する方

試験科目

学科試験

  • 建築学等
  • 施工管理法
  • 法規

実地試験

  • 建築施工管理法
  • 躯体施工管理法
  • 仕上施工管理法

難易度・合格率

平成29学科試験合格率38.7パーセントで、難易度はやや難しいといわれています。

平成29実地試験合格率28.9パーセントで、難易度はやや難しいといわれています。

勉強方法

1級と2級で難易度が変わりますが、基本的には建築学や施行管理法、関連法規について覚える必要があります。学校であれば試験の日程に合わせて、8月中旬には基礎学習からはじめ、9月上旬には発展問題に取り組みます。そして、10月中旬からは実地試験に向けた対策をはじめているところが多いようです。

施工管理技士2級について詳しく

建築士(1級)

受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方

  • 大学(旧制大学を含む)において、指定科目を修め卒業後2年以上の実務経験を有する方
  • 3年制短期大学 (夜間部を除く)において、指定科目を修めて卒業した者で卒業後3年以上の実務経験を有する方
  • 3年制短期大学又は高等専門学校において、指定科目を修めて卒業した者で卒業後4年以上の実務経験を有する方
  • 二級建築士として4年以上の実務経験を有する方
  • 建築設備士として4年以上の実務経験を有する方

試験科目

  • 計画
  • 環境設備
  • 法規
  • 構造
  • 施工

難易度・合格率

平成29学科試験合格率18.4パーセントで、難易度は難しいといわれています。

平成29製図試験合格率37.7パーセントで、難易度はやや難しいといわれています。

勉強方法

過去問やテキストの内容を完璧にこなし、独学で受験される方もいますが、やはり働きながら学校に通うのが確実だと言われています。

建築士(2級)

受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方

  • 大学(短期大学を含む)又は高等専門学校において、指定科目を修めて卒業した者
  • 高等学校又は中等教育学校において、指定科目を修めて卒業した者で卒業後3年以上の実務経験を有する方
  • その他都道府県知事が特に認める者(注)(「知事が定める建築士法第15条第三号に該当する者の基準」に適合する者)で所定の年数以上の実務経験を有する方
  • 建築に関する学歴なしの場合、7年以上の実務経験を有する方

試験科目

  • 計画
  • 計画各論
  • 建築士
  • 都市計画
  • 環境工学

難易度・合格率

平成29学科試験合格率36.6パーセントで、難易度はやや難しいといわれています。

平成29製図試験合格率54.9パーセントで、難易度はやや優しいといわれています。

勉強方法

独学でも取得可能な資格だといわれていますが、独学の難しさは、やる気をいかに継続させるか。しっかりとした学習計画を立て、自己管理することが大切です。

建築士について詳しく

土木施工管理技士(1級)

受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方

  • 大学又は専門学校「高度専門士」の高等専門学校において、指定学科卒業後3年以上の実務経験を有する方
  • 大学又は専門学校「高度専門士」の高等専門学校において、指定学科以外卒業後4年6ヶ月以上の実務経験を有する方
  • 短期大学、高等専門学校、専門学校において、「専門士」指定学科卒業後5年以上の実務経験を有する方
  • 短期大学、高等専門学校、専門学校において、「専門士」指定学科以外卒業後7年6ヶ月以上の実務経験を有する方
  • 高等学校専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)指定学科卒業後10年以上の実務経験を有する方
  • 高等学校専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)指定学科以外卒業後11年6ヶ月以上の実務経験を有する方
  • その他15年以上の実務経験を有する方

試験科目

  • 土木一般
  • 専門土木
  • 法規
  • 共通工学
  • 施工管理

難易度・合格率

平成29年学科試験合格率66.2パーセントで、難易度はやや優しいといわれています。

平成29年度実地試験合格率30.0パーセントで、難易度はやや難しいといわれています。

勉強方法

新規用語、最新技術に関する知識などが出題される傾向があるので、過去の問題を勉強しているだけでは足りません。仕事が忙しく、時間が取れないといった場合は、専門スクールなどで勉強したほうが良いかもしれません。

土木施工管理技士(2級)

受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方

  • 大学専門学校「高度専門士」の指定学科卒業後1年以上の実務経験を有する方
  • 大学専門学校「高度専門士」の指定学科以外卒業後1年6ヶ月以上の実務経験を有する方
  • 短期大学、高等専門学校の指定学科卒業後2年以上の実務経験を有する方
  • 短期大学、高等専門学校の指定学科以外卒業後3年以上の実務経験を有する方
  • 高等学校中等教育学校専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)の指定学科卒業後3年以上の実務経験を有する方
  • 高等学校中等教育学校専門学校(「高度専門士」「専門士」を除く)指定学科以外卒業後4年6ヶ月以上の実務経験を有する方
  • その他 8年以上の実務経験を有する方

試験科目

  • 土木一般
  • 専門土木
  • 法規
  • 共通工学
  • 施工管理

難易度・合格率

学科試験合格率は例年50~60パーセントで、難易度はやや優しいといわれています。

実地試験の合格率も例年35パーセント前後で、難易度はやや難しいといわれています。

勉強方法

6割以上得点すれば合格はできると言われているので、独学も可能。市販の参考書を使って、勉強してきたことを発揮できれば合格できるのではないでしょうか。

管工事施工管理技士
(1級・2級)

1級受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方。(学歴,資格 + 実務経験年数)

  • 大学卒業者, 専門学校卒業者(「高度専門士」に限る) + (指定学科卒業者)3年以上,(指定学科以外卒業者)4年6ヶ月以上
  • 短期大学卒業者, 高等専門学校卒業者,専門学校卒業者(「専門士」に限る) + 卒業後5年以上, 卒業後7年6ヶ月以上
  • 高等学校・中等教育学校卒業者, 専門学校卒業者(「高度専門士」「専門士」を除く) + 卒業後10年以上, 卒業後11年6月以上

その他、技能検定合格者、中卒、専任の主任技術者経験が1年以上ある方で実務経験必要年数が変動。また第二次検定受験にも別途受験資格の規定があります。

2級受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方。(学歴,資格 + 実務経験年数)

  • 大学卒業,専門学校卒業者(「高度専門士」に限る) + (指定学科卒業者)1年以上,(指定学科以外卒業者)1年6ヶ月以上
  • 短期大学卒業者または高等専門学校卒業者,専門学校卒業者(「専門士」に限る) + 卒業後2年以上,卒業後3年以上
  • 高等学校卒業者,中等教育学校卒業者,専門学校卒業者(「高度専門士「専門士」を除く」) + 卒業後3年以上 卒業後4年6ヶ月以上

1級試験科目

第一次検定(学科試験)

  • 機械工学等
  • 施工管理法
  • 法規

第二次検定(実地試験)

  • 施工管理法

2級試験科目

学科試験

  • 機械工学等
  • 施工管理法
  • 法規

実地試験

  • 施工管理法

1・2級の難易度/合格率

第一次の学科検定について、平成22年から令和2年で合格率は約30%~50%と変動していますが、推移は一定ラインに保たれています。合格率は半分を切ることから、容易な試験とは言い難いでしょう。

科目数の多さ・出題範囲の広さが特徴とされる2級。平成19年~令和2年の合格率推移を見ても、稀に50%を切る年度があるものの、基本的に50~60%後半で推移しています。つまり受験者の半数以上が合格できる場合もあるので、適切に対策して臨めばそう難易度の高い試験ではないと考えられるでしょう。

勉強方法

様々な設備や分野で配管工事を適正に管理できるよう、建築学や機械工学、配管設備に関連した各種業務についての内容や、関連法規を覚えることが必要です。また、実地試験に備えて施工管理の実務能力も求められます。

管工事施工管理技士について詳しく

電気工事施工管理技士(1級・2級)

1級受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方。(学歴,資格 + 実務経験年数)

  • 大学、専門学校の「高度専門士」 + (指定学科卒業者)3年以上, (指定学科以外卒業者)4年6ヶ月以上
  • 短期大学,高等専門学校(5年制), 専門学校の「専門士」 + 5年以上, 7年6ヶ月以上
  • 高等学校, 中等教育学校(中高一貫校), 専門学校の専門課程 + 10年以上, 11年6ヶ月以上

そのほか、学歴を問わない場合や、電気主任技術者免状の交付を受けた方などで、要求される実務経験年数が変動します。

2級受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方。(学歴,資格 + 実務経験年数)

  • 大学, 専門学校の「高度専門士」 + (指定学科卒業者)1年以上,(指定学科以外卒業者)1年6ヶ月以上
  • 短期大学, 5年制高等専門学校, 専門学校の「専門士」 + 2年以上, 3年以上
  • 高等学校, 専門学校の「専門課程」 + 3年以上, 4年6ヶ月以上

その他、電気主任技術者免状の交付を受けた方は実務経験年数が変動します。

※学科試験のみであれば満17歳以上となる方は受験可能

1級試験科目

第一次試験

  • 電気工学等
  • 施工管理法
  • 法規

第二次試験

  • 施工管理法

2級試験科目

第一次試験

  • 電気工学等
  • 施工管理法
  • 法規

第二次試験

  • 施工管理法

1・2級難易度/合格率

電気工事施工管理技士試験について、平成27年度から令和元年までの推移を見ると、1級は40%前後、2級は50%後半から60%程度となっています。

特徴として、2級では学科試験合格率より実地試験合格率が低下するのですが、1級では実地試験合格率が学科試験合格率より上がる点。つまり、1級試験で学科に合格した方は、半分以上の確立で実地にも受かると読み取れます。

勉強方法

電気工学や電気設備、関連分野についての知識の他、工事施工や設計、契約関係についての学習が必要です。なお学科試験はマークシート方式ですが、実地試験は記述式なので、内容を理解しておかなければ記述する際に苦戦してしまう可能性も。選択式だからと油断せず、内容は人に説明できるレベルまで自分の中に落とし込みましょう。

電気工事施工管理技士について
詳しく

電気通信工事施工管理技士(1級・2級)

1級受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方。(学歴,資格 + 実務経験年数)

  • 大学, 専門学校の「高度専門士」 + (指定学科卒業者)3年以上, (指定学科以外)4年6ヶ月以上
  • 短期大学, 高等専門学校, 専門学校「専門士」 + 5年以上, 7年6ヶ月以上
  • 高等学校・中等教育医学校, 専門学校「高度専門士」「専門士」以外 + 10年以上, 11年6ヶ月以上

その他、電気通信主任技術者資格証の交付を受けている方、専任の主任技術者の実務経験が1年以上ある方などで、必要となる実務経験年数が変動します。

2級受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方。(学歴,資格 + 実務経験年数)

  • 大学, 専門学校「高度専門誌」 + 1年以上, 1年6ヶ月以上
  • 短期大学, 高等専門学校, 専門学校「専門士」 + 2年以上, 3年以上
  • 高等学校, 中等学校, 専門学校「高度専門士」「専門士」以外 + 3年以上, 4年6ヶ月以上

その他の方、電気通信主任技術者資格証の交付を受けた方で必要となる実務経験が変動します。

1級試験科目

一次試験

  • 電気通信工学等
  • 施工管理法
  • 法規

二次試験

  • 施工管理法

2級試験科目

一次試験

  • 電気通信工学等
  • 施工管理法
  • 法規

二次試験

  • 施工管理法

1・2級難易度/合格率

この資格は令和元年度に新しく設けられたものなので、過去の合格率データは多くありません。令和元年度の合格率について、1級は一次・二次ともに40%台、2級は一次・二次ともに50%後半となっています。過去のデータがないため傾向や難易度を一概に言うことはできませんが、傾向が定まっていない分まず2級を受けて手ごたえを確かめるのが得策とも考えられます。

勉強方法

電気通信工学と施工管理法に関する知識、さらに関連法規の知識について広くカバーしなければなりません。また、特に施工管理法は実地試験の範囲にもなるため、特に1級を目指す場合は様々な応用問題に触れておきましょう。

電気通信工事施工管理技士について詳しく

造園施工管理技士
(1級・2級)

1級受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方。(学歴,資格 + 実務経験年数)

  • 大学, 専門学校「高度専門士」 + (指定学科卒業)3年以上, (指定学科以外卒業)4年6ヶ月以上
  • 短期大学, 高等専門学校(5年制), 専門学校「専門士」 + 5年以上, 7年6ヶ月以上
  • 高等学校, 中等教育学校, 専門学校「高度専門士」「専門士」以外 + 10年以上, 11年6ヶ月以上

その他、2級造園施工管理技術検定合格者や、技能検定合格者など、それぞれで必要とされる実務経験年数が変動します。

2級受験資格

以下のいずれかの条件を満たしている方。(学歴,資格 + 実務経験年数)

  • 大学,専門学校「高度専門士」 + (指定学科)1年以上, (指定学科以外)1年6ヶ月以上
  • 短期大学, 高等専門学校, 専門学校「専門士」 + 2年以上, 3年以上
  • 高等学校, 中等教育学校, 専門学校「高度専門士」「専門士」以外 + 3年以上, 4年6ヶ月以上

その他、技能検定合格者やそのほかの条件を満たす方は必要とされる実務経験年数が変動します。

1級試験科目

一次試験

  • 土木工学等
  • 施工管理法
  • 法規

二次試験

2級試験科目

一次試験

  • 土木工学等
  • 施工管理法
  • 法規

二次試験

  • 施工管理法

1・2級難易度/合格率

7種目ある施工管理技士資格の中でも最難関といわれるのが「1級造園施工管理技士」。1級の合格率は、平均で30~35%(一次:35~40%, 二次:30~35%)。大体、40%~60%の合格率を推移するほか資格と比べても、かなり低くなっています。2級は平均で55~60%と、1級に比べればやや易しいと言えるでしょう。

勉強方法

造園工事に必要とされる土木工学や建築学、さらには植物(園芸学)や電気通信工学なども習得することが必要です。その他、施工管理法関連はもちろん、実務経験を積んでおかなければならないなど、高い意欲が求められます。

造園施工管理技士について詳しく

取材協力会社

株式会社テクノプロ・コンストラクション

株式会社テクノプロ・コンストラクション 株式会社テクノプロ・コンストラクション

スーパーゼネコンをはじめとした、建設業界大手を中心に、質の高い技術を提供できる人材を派遣している、テクノプロ・コンストラクション。

2000名近い技術者のうち、未経験者からベテランまで幅広いメンバーが在籍しています。誰もが知っている有名なビルや施設など、数多くの優秀な建設技術者たちが活躍中です。 施工管理や建築について学べる1ヵ月の研修や、先輩担当者のフォロー・サポート体制が充実しているため、未経験で不安なかたもすぐに現場監督になれる環境が整っています。

公式サイトで
採用情報を確認する