現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 未経験の人が現場監督になるためのステップと必要な能力 » ステップ3:資格を取る » 造園施工管理技士の資格を目指す

造園施工管理技士の資格を目指す

国家資格「施工管理技士」のひとつ、「造園施工管理技士」。個人宅の庭の手入れにとどまらず商業施設や公園、街路樹等の整備など、この資格で携われる仕事の範囲は想像できるより幅広いでしょう。このページでは現場監督を目指す人のために「造園施工管理技士」の資格内容や取得方法についてまとめています。

造園施工管理技士とは?

資格の特徴

造園施工管理技士は、建築系施工管理技士の資格の中でも造園工事に特化した国家資格であり、複数ある施工管理技士の中でも最難関といわれている資格の1つです。

学校や病院などの公共施設、道路や公園の緑化事業、あるいはテーマパークのような大規模施設で適切な造園工事の施工管理を行うために必要とされる資格であり、建築業界では非常に重宝されます。1級造園施工管理技士でなく2級造園施工管理技士の資格であっても、現場監督としてキャリアアップを目指すのであれば魅力的な資格といえるでしょう。

造園施工管理技士は検定試験の合格率が低く、令和元年度は2級の第一次検定の学科試験で約50.9%、さらに第二次検定の合格率が約37.6%と、全体の受験者で見れば合格率約19%という狭き門。当然ながら、1級の学科試験ではさらに合格率が低下します。

参照元:庭NIWA「1級「実地」合格率は39.6%/2019年度造園施工管理技士試験」(https://niwamag.net/archives/2653#:~:text=2級合格率は,は11.8ポイントダウンした。)

資格の取得方法

造園施工管理技士の資格を取得するためには、1級・2級ともに検定試験(学科試験・実地試験)それぞれで60%以上の得点率が必要です。

ただし検定試験を受けるにはそれぞれ受験資格が定められており、特に最終学歴や保有資格に応じて必要な実務経験年数が異なります。

資格取得の条件

造園施工管理技士では、建築に関連する建築学や都市工学といった学科の他、造園に関する指定学科として土木工学や園芸学、林学などが定められており、大学や短大などでそれらの学科を卒業しているかどうかでも、必要な実務経験年数が変わるため注意しましょう。

2級の場合

17歳以上であれば誰でも第一次検定の受験資格を得られます。その後第二次検定へ進むために実務経験が必要になりますが、例えば大学の指定学科卒業者であれば卒業後の実務経験1年以上、一方中卒者は8年以上と定められており、時間に違いはあるものの学歴を問わず資格取得を目指せます。

1級の場合

1級の場合大卒(指定学科卒業者)で3年以上、中卒者(無資格)で15年以上と、必要な実務経験年数が2級に比べて増大します。

造園施工管理技士に
求められる業務内容

造園施工管理技士はあらゆる現場で造園工事の施工管理を行う他、例えば神社仏閣といった純日本的な和風庭園などの施工管理に携わることもあり、それぞれの環境や目的に応じた施工管理業務が求められます。また環境保全への意識が高まる中、緑化のため造園の需要も高まるとの予想もできるため、将来性のある資格だとも考えられます。