現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 未経験の人が現場監督になるためのステップと必要な能力 » ステップ3:資格を取る » 建築施工管理技士の資格を目指す

建築施工管理技士の資格を目指す

このページでは現場監督を目指す人のために、「建築施工管理技士」の資格内容や取得方法についてまとめています。

建築施工管理技士とは?

資格の特徴

建築施工管理技士は「施工管理技士資格」の1つであり、建設工事の現場において施工管理を行うための資格です。建築施工管理技士には1級建築施工管理技士と2級建築施工管理技士の2種類があります。

1級取得者は16種類の建設工事で施工管理を行うことができ、2級取得者は「建築・躯体・仕上げ」の3種類のどれを所有しているかにより、担当できる工事種類が変わります。

1級建築施工管理技士では大規模な工事現場での施工管理に従事できるため、現場監督としてキャリアアップを目指す上でも取得しておけば有利になると言えるでしょう。

資格の取得方法

建築施工管理技士には建設現場を全般的に管理する能力が求められます。また環境の変化や状況に応じて調整できる応用力も求められており、資格試験では建築学や施工管理法といった知識に関する学科試験だけでなく、施工管理に関連した実務能力もテストされることがポイントです。

なお第一次検定(学科試験)に合格した人でなければ、第二次検定(実地試験)へ進めないため、まず第一次検定の合格を目指すようにしてください。

資格取得の条件

2級の場合

2級の場合、3つの検定区分として「第一次・第二次検定」「第二次検定のみ(第一次検定免除)」「第一次検定のみ」があり、第一次検定のみに関しては17歳以上であれば受験申し込みができます。ただし第一次検定に合格しても、第二次検定へ進むためには大卒で1年以上といった実務経験が必要です。なお最終学歴が中卒の場合は8年以上の実務経験がとなっており、学歴に応じて必要な実務経験が短縮されます。

検定試験は年に2回(6月・11月)。第一次検定の合格者が再度試験を受ける場合、第一次試験を免除し第二次検定のみにチャレンジすることが可能です。

2級建築施工管理技士の資格について詳しく見る

1級の場合

1級の受験資格は2級の場合よりもさらに細分化されており、大卒で実務経験3年以上、短大卒や高専卒で実務経験5年以上といった条件があります。ただし2級建築施工管理技士の資格を取得している人であれば、合格後5年以上の実務経験によって受験資格を得ることが可能です。

1級建築施工管理技士であっても、中卒者など最終学歴を問わず受験できます。ただしその場合は原則として15年以上の実務経験が必要となり、2級の時よりも条件が厳しくなることに注意してください。

その他、2級建築士試験合格者であれば合格後の実務経験が5年以上必要であるといった条件も設定されています。

1級は2級よりも試験範囲が拡大され全体的に難易度が上昇するほか、試験回数が年に1回になります。年に1度のチャンスを逃せば次の受験はまた1年後になってしまうので、悔いのないように準備をして挑みましょう。

1級建築施工管理技士について詳しく見る

建築施工管理技士に
求められる業務内容

建築施工管理技士の主な仕事は、簡潔に言うと「“工程・品質・原価・安全”の管理」です。工程表や計画に基づいて工事の進捗を確認・調整したり、建材の適切な保管や、材料費・人件費の管理、作業員の事故を防止し、現場の安全性を維持するといった内容になります。「“工程・品質・原価・安全”の管理」という4業務において、「QCDSE」を意識することが重要で、それぞれの文字が以下のような意味を持っています。

  • Quality(品質)
  • Cost(原価)
  • Delivery(工程、工期)
  • Safety(安全)
  • Environment(環境

建築施工管理技士には、この5つの観点から現場を管理し、適切に工事を進めていく技能が求められます。