現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 未経験の人が現場監督になるためのステップと必要な能力 » ステップ3:資格を取る » 2級施工管理技士の資格を目指す

2級施工管理技士の資格を目指す

2級施工管理技士になるためには

2級施工管理技士になるためには、技術検定試験に合格し、施工管理技士という国家資格を取得することが必要です。

現場でのプロジェクトをスケジュール通りに完成させるために、原価管理、工程管理、安全管理、品質管理などの業務を行いながら、打ち合わせをしたり技術的な指導をしたりすることもある重要度の高い仕事です。

2級施工管理技士の検定は、学科試験と実地試験があり、受検資格のいらない学科試験は誰でも受検できますが、実地試験の受験資格は、学歴や学科によって1~8年の実務経験が必要になります。

有資格者は就職にも独立にも有利

2012年頃から始まった団塊世代の定年退職の影響もあり、建設業は人材を十分に確保するどころか、困難な状況であるにもかかわらず、東日本大震災による復興需要、東京オリンピックなどで建設需要は高い水準のままで、多くの建設現場では、人手不足に悩まされています。さらに豊富な経験と高いスキルをもった2級施工管理技士は、業者のあいだで、争奪戦ともいえるほど人材が不足し、深刻な問題になっています。

そのため、2級施工管理技士の資格があれば、さらなるキャリアアップや昇給が期待できるだけでなく、資格を足掛かりにさらなるステップアップや、やりがいにも繋がっていくでしょう。

また、独立を考えている方などにも有利な資格になるかもしれません。

独学はやや難しく学習費用がかかる

一級も二級試験も難関と言われています。念入りに準備しておく必要があります。特に難しい一級試験では、通信講座や資格取得専門のスクールなどで授業を受けることも考えたほうが良いでしょう。

専門書も多く販売されており、インターネットを通じ、学ぶこともできるので、独学による学習もあるでしょうが、学校での授業を受けずに合格する人は、かなり少ないようです。

また、出題内容に関しても毎年のように内容が変わっているので、どのような問題が出るか予想するのは難しく、過去問の傾向は専門学校などでの予想のほうが効率よく勉強できるのではないでしょうか。

実地試験合格に向けて現場で経験を踏む

学科試験は、4肢択一式、40問中24問(6割)以上の正解で合格になります。実地試験は、記述式5問、5問全てを解答の上、

学科試験同様に6割以上が合格とされています。勉強しやすい学科試験は、暗記の方法も人それぞれで、効率よく覚えることが大切。24問の正解をすればいいわけですから、得意な分野があれば、それを確実に理解して、答えられるようにしておくことで確実に点数に結び付けることで合格率をあげましょう。

しかし、経験を踏まえた上での記述式となる実地試験は、座学で講座を受けても何の役にも立ちません。まして、業界初心者では手も足も出ないといったところでしょうか。

働きながら資格取得を目指す方も多いと思いますが、やはり資格を取るという目標を見据えた場合は、日々の業務での積み重ねを、ただ言われたまま作業するとかではなく、資格と結び付けた働き方や視点を変えてみるなどに方向転換したほうがよさそうです。

現場経験を踏みながら資格補助が受けられる人材派遣会社

テクノプロ・コンストラクションには、サポートを受けながら資格を取れる資格取得支援制度があります。

社員一人ひとりが会社の財産だと考え、技術管理担当によるきめ細かなフォローと 教育体制を徹底しています。

それは、より良い職業生活を実現するために、単にキャリアアップだけでなく、ワークライフバランスにも配慮する必要があるからです。

そのため研修、資格取得支援の制度以外に、従業員からの公私にわたる相談を受け付ける制度も整え、キャリア目標の実現に向けてサポートを行う体制を整えています。

現場監督に就職・転職して活躍している人を見る

取材協力会社

株式会社テクノプロ・コンストラクション

株式会社テクノプロ・コンストラクション 株式会社テクノプロ・コンストラクション

弊社の社員一人ひとりが会社の財産だと考え、技術管理担当によるきめ細かなフォローと 教育体制を徹底しています。 それは、より良い職業生活を実現するために、単にキャリアアップだけでなく、ワークライフバランスにも配慮する必要があるからです。

テクノプロ・コンストラクションには、サポートを受けながら資格を取れる資格取得支援制度があります。 研修、資格取得支援の制度以外にも、従業員からの公私にわたる相談を受け付ける制度も整え、キャリア目標の実現に向けてサポートを行う体制を整えています。

公式サイトで
採用情報を確認する