現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 未経験の人が現場監督になるためのステップと必要な能力 » ステップ3:資格を取る » 電気通信工事施工管理技士の資格を目指す

電気通信工事施工管理技士の資格を目指す

このページでは、施工管理技士資格の中で30年ぶりに新設された「電気通信工事施工管理技士」について、資格内容や取得方法などをまとめています。

電気通信工事施工管理技士とは?

資格の特徴

電気通信工事施工管理技士は令和元年に新設された施工管理技士の資格であり、建築系施工管理技士の種目としては7つ目にあたる、30年ぶりの追加資格です。また2020年の検定試験は一部が中止された影響もあり、令和3年度時点では資格取得者が非常に少ないといったことも特徴です。

電気工事に関連する施工管理技士の資格としてすでに電気工事施工管理技士という資格がありましたが、電気工事施工管理技士が電気機器や配線工事といったものを幅広く施工管理するのに対して、電気通信工事施工管理技士はIT関連のネットワークや通信インフラの構築など、電気通信に関連する分野をカバーしています。

そのためAIやITの発展によって今後ますます情報社会・スマート社会として発展していくことを考えれば、電気通信工事施工管理技士は将来的にもニーズの高まりが予想される国家資格であり、早い段階で取得できれば現場監督として大きなチャンスを得やすくなるかも知れません。

資格の取得方法

資格取得のためには他の施工管理技士資格と同様、検定試験に合格しなければなりません。検定試験には学科試験(第一次検定)と実地試験(第二次検定)があり、学科試験へ合格した人だけが実地試験へと進めます。

資格取得の条件

2級の場合

2級の第一次検定の受験資格は「17歳以上」となっており、学歴や経験に関係なく試験を受けることが可能です。

一方第二次検定を受けるには電気通信工事に関連した実務経験が必須となっており、大学の指定学科卒業者とで卒業後1年以上を始めとして、短大卒や高校卒など学歴に応じて必要な実務経験年数が加算されます。また「電気通信事業法(昭和59年法律第86号)による電気通信主任技術者資格者証の交付を受けた者」については、実務経験が1年以上に短縮されます。なお、必要な実務経験は最大で8年以上(中卒の場合)です。

1級の場合

1級の検定試験の場合第一次検定から実務経験が必要になります。例えば大学の指定学科卒業者で3年以上、中卒者であれば最長15年以上です。

ただし2級の場合と同様、電気通信主任技術者資格者であれば最終学歴に関係なく実務経験が6年以上となります。

電気通信工事施工管理技士に求められる業務内容

電気通信工事施工管理技士が施工管理者として活躍する工事現場には、以下のようなものが挙げられます。

  • 建物全般にわたる優先LANケーブルの配線工事
  • 無線LANを電波の到達範囲や電波干渉を考慮しながら設置する
  • データサーバーや大型PCなどの設置工事
  • モバイル通信基地局の設置

この他にも電波障害の予防や調査、解消といった工事もあり、電気通信工事施工管理技士は今後あらゆる工事現場で必要とされる可能性もあるでしょう。