現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 現場監督の仕事内容

現場監督の仕事内容

多岐にわたるマネジメントこそ現場監督の仕事

このカテゴリーでは、建築工程や業務内容など、現場監督という仕事について説明しています。

主任技術者、監理技術者の特徴

現場監督が担当する業務とは、建設現場における施工管理。あくまで管理すること自体が仕事であり、工事作業そのものを行うわけではありません。法律の規定では主任技術者と監理技術者という定義があり、これらについて説明します。

主任技術者とは

プロジェクトの規模や内容に関わらず、あらゆる建設現場で人員配置することが義務づけられているのが主任技術者。元請けか下請けの工事受注会社の正社員が担当することになります。特別なケースを除けば、特定の建設現場での専任となります。

監理技術者とは

特定建設業許可を取得するような建設現場だと、監理技術者の配置が必要。いってみれば、主任技術者よりもひとつ上の現場監督という位置づけになります。

現場監督の業務内容は主に以下の5つに分類することができます。

施工計画の作成

現場監督は書類作成に追われる面がどうしてもあります。工事を行うにあたっては施工計画書という書類を作成しなければなりません。

施工計画書とは

施工計画書の内容は工程表と品質管理計画書、施工要領書など。当該工事の仕様書や図面に沿って、工事品質をキープした上で実践するための計画を立てるわけです。これは施工管理経験を持つ、建設現場の責任者が担当するもの。プロジェクトによっては施主側の確認と承認が必要となることもあります。

施工要領書とは

施工計画書に含まれる施工要領書とは、より具体的な施工内容を記述したもの。資材や搬入・搬出計画、施工の段取りや注意点、そして施工品質に至るまで、実際に工事をどうやって行うかを明示するわけです。

安全管理

建設現場といえば「安全第一」という標語が目に付きます。傍から見ると建設現場は危険を伴うイメージがあって、高所作業などはその代表的なものかもしれません。

一方、建設現場で働く人たちは必要な資格や知識、経験を持った人材。きちんと施工管理ができていれば、アクシデントを未然に防ぐことができるでしょう。このアクシデントの要因となるのは人的なものと環境によるものに分類され、現場監督はそうした要因を排除することが仕事となります。

人的なアクシデントについては、現場への新規入場者に対する教育や毎朝の危険予知活動、施工業者のリーダー会議などで安全対策を徹底します。環境によるアクシデントについては、機材などの点検や危険箇所の安全看板設置、さらに天候による影響など多様な面から安全確保を実践します。

品質管理

建設工事はその施工品質をチェックする試験があり、それを工程単位でクリアすることで次のステップに進むことができます。仕様書や設計図書に沿っていることの確認という意味と、完成後の品質確保にもなるという意味合いがあるからです。

確認作業のエビデンスとなるメインの素材は現場での記録写真。これは比較的経験の浅い施工管理スタッフが担当となるケースも多く、材料の搬入報告や計測状況、施工状況など多岐にわたっています。工事現場でアウトドア仕様っぽいカメラを首から下げてスタッフを見かけるのは、このためです。

他にも、施工計画書をもとにして各所を実測したり、試験記録を作成するなど、品質管理のチェック結果をドキュメント化する作業も担当します。

工程管理

施工計画書には当初設定したスケジュールがあり、そのプロジェクトの施主に対する納期も定められているため、予定通りに工事が進捗すれば工程管理もさほど手間はかかりません。しかし、実際の現場では天候などの不可抗力も含めた様々な要因によってスケジュールは随時変わっていくのが実情です。

一方、工事の規模や内容による違いはあるものの、現場には様々なジャンルの職人が関わり、それぞれの担当作業によって稼働するタイミングが異なります。

例えば、ある程度躯体工事が進まないと設備工事ができないように、ある工程に遅延が生じるとその後工程のスケジュールも後ろに押すわけです。その際、下請け業者や職人は別なプロジェクトを抱えていることもあり、工程管理には適切かつフレキシブルな調整能力が必要となるわけです。

原価管理

建設現場における原価管理とは、仕入先や下請け業者からの請求書をチェックして経理に回すといった単純なものではありません。むしろ、請求書が回ってきた段階で予算超過が発覚する事態にならないように、現場の状況を把握して原価内に抑えるよう調整することがミッションとなります。

現場監督という仕事は、原価をできるだけ抑えることで、自社の利益を最大化できるという側面があります。もちろん、過剰にコストカットすれば安全や品質を損ねるリスクとなるので、当初設定した目標利益をきちんと確保するのが重要な仕事になるわけです。

現場のムダを省いて効率化を推進するのも原価管理のひとつ。もし、避けられない要因でコストが増えた場合でも、早い段階でリカバリーする対策をすることが求められます。

年収はどれくらい?

スーパーゼネコンに代表されるように、建設業界は比較的平均年収が高いジャンル。その中で、現場監督=施工管理技士の平均年収は土木建築で462万円程度、内装関連で439万円という調査結果があります。

また、企業規模での差が大きいのが特徴で、スーパーゼネコンの平均年収が900万円程度なのに対して、小規模ゼネコンの平均年収は300万~500万円程度。現場監督という仕事は建設会社だけでなく専門の人材派遣会社に入ることで、スーパーゼネコンの現場担当になれるケースもあります。

現場監督の年収について詳しく

現場監督の労働環境

現場監督に限らず建設業は3Kのイメージもあって、人材不足が深刻な問題となっています。実際、長時間労働や休暇が少ないこと、人間関係の難しさや仕事のプレッシャーなど、つらい仕事といわれる要因があるのも事実。

一方、建設業界の中でも労働環境の整備に注力している企業が増えています。その一例が、この分野に特化した人材派遣会社のテクノプロ・コンストラクション。人材派遣会社だからこそ人材を大切にする企業ポリシーがあって、所属スタッフへのフォロー体制が整備されていますし、スーパーゼネコンをはじめ大手との取引実績が豊富といった特徴があります。

現場監督の労働環境について詳しく

現場監督の将来性

2020年の東京オリンピックに向けて、より人材不足が顕著になっていますが、その後も2025年の大阪万博※1や2027年のリニアモーターカー開業※2など、建設業界では大きな需要が見込める面があります。また、高度成長期のインフラや施設などの老朽化は日本全国で共通化している問題。これも建設業界にとって大きなマーケット。

これに対して、建設業の現場では人手不足、特に若い世代の労働者数が減っている問題があります。人手不足解消に向けて、新たな取り組みの動きもあり、若い世代こそ将来を見据えて注目すべき業界ともいえるでしょう。

※参照元1:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会
https://www.expo2025.or.jp/

※参照元2:宇部興産株式会社「2027年、超電導リニアモーターカー開業」
https://www.ube-ind.co.jp/ube/jp/ad/science/science_357.html

現場監督の将来性について詳しく

取材協力会社

株式会社テクノプロ・コンストラクション

株式会社テクノプロ・コンストラクション 株式会社テクノプロ・コンストラクション

スーパーゼネコンをはじめとした、建設業界大手を中心に、質の高い技術を提供できる人材を派遣している、テクノプロ・コンストラクション。

2000名近い技術者のうち、未経験者からベテランまで幅広いメンバーが在籍しています。誰もが知っている有名なビルや施設など、数多くの優秀な建設技術者たちが活躍中です。 施工管理や建築について学べる1ヵ月の研修や、先輩担当者のフォロー・サポート体制が充実しているため、未経験で不安なかたもすぐに現場監督になれる環境が整っています。

公式サイトで
採用情報を確認する