現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 現場監督の仕事内容 » 現場監督に求められるコミュニケーション能力

現場監督に求められるコミュニケーション能力

建築現場で求められるコミュニケーション能力について、職人さんとのコミュニケーションを中心に紹介していきます。まずは、現場監督が職人さんとどのようにコミュニケーションをとるべきか、基本的なスキルを確認していきましょう。

建築現場で求められるコミュニケーション能力

職人さんの予定や次の現場について確認する

多くの職人さんは、複数の現場を掛け持ちしています。現場監督が職人さんの予定を確認することで、配慮のできる人・親切な人といった印象を持たれやすく、その後のコミュニケーションにも良い影響を与えます。ただし、プライベートなことを聞かれたくない職人さんも多いため、あくまで仕事の予定などについて確認するよう気をつけましょう。

職人さんの仕事を理解したうえで論理的に伝える

建築現場で求められるコミュニケーション能力は、「交渉力」です。たとえば、現場監督が職人さんへある作業を頼んだり、職人さんから現場監督へ確認を頼まれたりなど、作業や情報の交渉を常に交わしています。そして、職人さんへ何か作業を頼む時は、作業内容や用語を理解したうえで、論理的に説明するのが大切です。

作業内容や図面の読み方などを理解せずに頼んでしまうと、職人さんも何をすればいいのか分かりませんし、時間の無駄でもあるため怒られてしまいます。丁寧な会話を心がけるのはもちろん、仕事内容の理解と論理的な説明もできるよう日々勉強しましょう。

職人さんへのリスペクトを忘れない

職人さんは、自身の仕事に対する誇りを持っていますし、他の職人さんに対してリスペクトの気持ちを持っています。さらに人間性なども含めて、相手を判断しています。このような考え方は、現場監督に対しても基本的に同様です。そのため現場監督は、職人さんへのリスペクトを忘れず敬語で元気よく挨拶や会話を行いましょう。

信頼関係の構築ができれば、仕事に関する頼みごともこころよく引き受けてくれます。

意見を素直に聞き入れる

状況によっては、職人さんから工事内容に関連する提案やアドバイスも受けることがあります。そしてアドバイスを受けた時は、素直に取り入れる姿勢も大切です。

職人さんの話を丁寧に聞き取ることによって、信頼関係の構築や作業効率アップにもつながります。

職人さんは現場監督をどう見ているか

現場監督の立ち居振る舞いや能力を判断している

職人さんは施主や建築現場の雰囲気、現場監督の立ち居振る舞いを見ています。さらに、現場監督に対しては、施工管理の経験が多いのかどうか見抜いたうえで接します。そのため、ミスの多い現場監督の意見は、聞き入れてもらえない可能性もあるでしょう。

現場監督は職人さんに言動や態度、指示内容などをすべてチェックされていると考え、常に気を引き締めて対応するのが大切です。

現場監督として職人さんから学ぶことも多い

職人さんは、それぞれ仕事に対する考え方を持っています。建築現場の場合は、建築工法の歴史や伝統を重んじていて、強いこだわりもあります。

このように建築に関連する豊富な知識とこだわりは、現場監督にとって学べるポイントです。また、仕事に対する信念や誇りも、見習うべきところ。現場監督の仕事だけでは分からない部分多いので、職人さんとのコミュニケーションを通じて建築業についての実践的な技術や知識も吸収しましょう。

まとめ

新人の現場監督が悩むポイントのひとつ、それは現場でのコミュニケーションでしょう。特にこだわりの強い職人さんとのコミュニケーションは、単なる会話だけで信頼してもらえる訳ではありません。

まずは職人さんへのあいさつはもちろん、素直に意見を聞く姿勢や矛盾のない行動を心がけるのも基本です。ほかには、各職人さんの仕事内容を理解したうえで、仕事の頼みごとや相談を論理的に伝えるのも大切でしょう。