現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 現場監督の仕事内容 » 現場監督の労働環境 » 単身赴任が多い?

単身赴任が多い?

このページでは、全国各地の建設現場で赴くイメージの現場監督について、転勤頻度や単身赴任の実情を紹介します。

現場監督という仕事自体、文字通り現場で活躍すべき職種で、転勤頻度や単身赴任に関連する要因と、それが少ない企業の特徴は以下の通りです。

建設業界ならではの特性

ひとつの現場が終われば次の現場へ、現場監督の日々の勤務場所は担当プロジェクトによって変わります。

そういう意味では、支店や支社へ異動する一般企業と比べて、建設業界ではプロジェクト単位での転勤が多くなる傾向があります。

また、建設業は受発注のマーケット事情がエリア特性とも大きく関係しているもの。

例えば、ちょっと前まで東北エリアでは復興事業が盛んでしたが、直近はオリンピック関連事業などのニーズが高まっていることから、本来は東北を拠点とする建設業者でも東京周辺の建設現場で働いているケースは少なくありません。

急な受注に伴って遠方の任地で仕事をするケースもあります。

中には翌週から「○○○の現場に行ってくれないか?」と上司から打診されるという話もあり、事前準備の余裕もなく転勤することがないとはいえないのが実情です。

所属する企業規模による違い

大手建設会社になると全国でプロジェクトを受注するため、支社や営業所がある拠点に転勤となることが十分考えられます。

この場合、企業側も制度や設備が整っているので、単身者・既婚者など世帯事情に合った福利厚生が適用されるもの。

期間や家族の意思などにもよりますが、必ずしも単身赴任を余儀なくされるわけではありません。

一方、地元密着型の建設会社なら、基本的には地元周辺の現場となるので転勤することはそうそうないでしょう。

注意したいのが人材紹介会社を通じて現場監督となるケース。

発注企業としてもコスト的には近隣の人材を優先したいところですが、人手不足などの事情によっては単身赴任を依頼されることもあります。

この点は、発注企業というより人材紹介会社によるもので、労働者のニーズにマッチした案件を紹介してくれる企業でないと、予期せぬ転勤をいわれることもあるでしょう。

現場監督でも転勤頻度や単身赴任が少ない企業

人材紹介会社の中でも転勤頻度や単身赴任が少ない企業はあります。

その特徴は、企業規模が大きく対象エリアが全国といった具合に広範な会社です。

対象エリアが全国だと転勤が多いのでは?と思うかもしれませんが、これは全国で人材確保して適材適所の紹介をできる体制があるから。

需給バランスのとれた人材紹介ができるからこそ、人材が集まり大手ゼネコンからの信頼を得て受注も確保できるわけです。

このような人材紹介会社では、「転勤なし&希望勤務地での就業」といった勤務地表記をしています。

例えば、テクノプロ・コンストラクションでは全国に支店や営業拠点などを持ち施工範囲・対象エリアも全国としています。

取材協力会社

株式会社テクノプロ・コンストラクション

株式会社テクノプロ・コンストラクション 株式会社テクノプロ・コンストラクション

スーパーゼネコンをはじめとした、建設業界大手を中心に、質の高い技術を提供できる人材を派遣している、テクノプロ・コンストラクション。

2000名近い技術者のうち、未経験者からベテランまで幅広いメンバーが在籍しています。誰もが知っている有名なビルや施設など、数多くの優秀な建設技術者たちが活躍中です。 施工管理や建築について学べる1ヵ月の研修や、先輩担当者のフォロー・サポート体制が充実しているため、未経験で不安なかたもすぐに現場監督になれる環境が整っています。

公式サイトで
採用情報を確認する