現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 現場監督の仕事内容 » 現場監督の労働環境 » 現場監督のストレスの原因と解決策

現場監督のストレスの原因と解決策

現場監督のストレスの原因

現場監督は仕事の多さや人間関係、工期に関するプレッシャーなど、様々なことが原因で肉体的にも精神的にもストレスを感じやすい職業だとされていますが、実際の現場監督はどのようなことが原因でストレスを感じているのでしょうか。

夜間の工事や土日の工事が当たり前になる

工期を守ることが難しくなり、夜間工事や土日の作業になることもあるようです。工期に余裕を見て受注されているはずなのに、いざ着工してみると短縮されるどころか進捗管理が難しく、現場監督は相当にストレスを感じやすい仕事だと思います。

参考元:Yahoo!知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11145876021)

現場が稼働し始めるとストレスが増える

現場監督は仕事のある時期とない時期とで過ごし方がまるで異なります。比較的余裕のある時期は本当にゆったりと過ごしていました。しかし、現場が動き始めると考えるべきことが増えて仕事の量も多くなり、ストレスを感じるようになります。

参考元:Yahoo!知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11145876021)

毎日の残業で心身共に限界

女性現場監督として3年目ですが、残業は毎日で日曜出勤も当然の日々です。工期が迫ってくると上司や職人の緊張感も高まってきて、心の安まる時がありません。給料は高いほうだと思いますが、泥だらけの作業服を洗いながらどうしてこんな仕事を続けているんだろうと考えることもあります。

参考元:Yahoo!知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11204503961)

責任ある立場で仕事も多い

現場監督として15年間過ごしていましたが、職人が来る前に詰め所へ入って作業を始めて、職人が帰ってからようやく退社という日々で、本当に大変でした。

参考元:Yahoo!知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11204503961?sort=1&page=2)

現場監督の高ストレスを改善する方法は?

長時間労働を減らしていく取り組みを実施する

現場監督がストレスを感じる原因の多くは、長時間労働や休日出勤といったものとなっているようです。業務全体を見直し、必要に応じて管理ツールやオンライン会議システムなどを活用しながら、業務の効率化で不要な残業を減らしていく取り組みが大切です。

人手不足を解消する

人手不足が原因で一人の現場監督の負担が大きくなり、負担が大きくなって現場監督が退職するので、人手不足になるという悪循環があります。現場監督として働ける人材が増えることが、休日出勤や無理な働き方の改善へとつながるでしょう。

現実的な工期の設定する

現場監督や会社だけで改善することは難しいかもしれませんが、官民が一体となって工期設定に関するガイドラインを考え、無理のない工期での受発注を実現することが重要だといえます。

待遇の見直しを図る

高収入でもストレスが多ければ離職率は高まります。しかし、能力や業務に見合った待遇が十分に保証されていれば、新しく現場監督へなりたいと考える人も増えるため、人手不足による悪循環の解決を目指せるでしょう。

人間関係を円滑にする

現場監督のストレス低減には、現場で働く職人や上司、同僚との人間関係の改善が不可欠です。周囲と日頃からコミュニケーションを取って信頼関係の強化しておけば、報連相もスムーズに行えるようになり事故のリスクも軽減できるでしょう。