現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 現場監督の仕事内容 » 現場監督のメリット・デメリット

現場監督のメリット・デメリット

現場監督として働く主なメリットとデメリットについて紹介していきます。正社員としてだけでなく派遣社員として現場監督の仕事を行うメリット・デメリットも解説していますので確認してみてください。

現場監督のメリット

高収入を期待できる

現場監督は常に需要のある仕事でもあるため、平均年収500万円と他業種よりも高い水準であることが特徴です。さらに関連資格を取得することで、資格手当や昇給も見込めます。特に「1級建築勢子管理技士」の資格を取得している方たちは、年収800万円といったケースも多く、収入面でも魅力的です。

経験がキャリアアップにつながる

施工管理やスケジュールの調整、現場全体の統括を上手くとりまとめるためには、現場監督としての経験も必要です。そして、経験や実績が昇給や昇進にかかわるため、現場経験にやりがいを感じやすい仕事でもあります。

多数の現場を経験し成長したいと感じる方は、魅力やメリットも多いのではないでしょうか。

派遣としての現場監督のメリット

派遣社員として現場監督の仕事を行う、主なメリットについて分かりやすく紹介していきます。

定時で仕事を切り上げることができる

現場監督の仕事は、工期や仕事量などの関係から残業しなければいけないケースも珍しくありません。しかし、派遣社員として現場監督の仕事を行う場合は、定時で切り上げることが可能です。

派遣社員は、時給換算で給与を決めるため、人材コストという点で残業を推奨しない派遣先も多い傾向にあります。さらに派遣先が派遣会社へ確認をとらなければいけないケースもあり、残業の発生しにくいシステムといえるでしょう。

土日の休みをとりやすい

派遣社員の場合は、基本的に土日休みをとりやすいことが大きなメリットです。なぜなら、時給換算で給与を設定するため、休日出勤も少なくワークライフバランスを保てます。

柔軟に仕事を調整できる

派遣社員として現場監督の仕事を行う場合、派遣会社と相談しながら派遣先を決めます。たとえば改修工事を中心に請け負っている会社で働きたいのであれば、改修工事を請け負っている会社へ派遣してもらいやすいでしょう。

正社員の場合は、会社の指示で仕事を割り振られますし、複数の会社および現場へ自由に赴くことはできません。このように仕事の内容を柔軟に調整できるのは、派遣社員ならではのメリットです。

高収入を期待できる

派遣社員は正社員と異なり、業績などさまざまな要因から契約更新や打ち切りなどされやすい雇用形態です。そして固定費ではなく変動費として扱われやすく、現場監督の場合正社員よりも給与水準の高い傾向にあります。

もちろん仕事の実績や関連資格の取得など含め、個人としての努力も必要になります。

現場監督のデメリット

コミュニケーション能力も問われる

現場監督は施工管理に関連する知識や技術だけでなく、職人さんや施主と円滑にコミュニケーションできるよう配慮しなければいけません。

現場でのコミュニケーションは、安全管理や工事に関連する情報共有などにもかかわります。さまざまな性格の人とコミュニケーションを交わせる方や、コミュニケーション能力に長けている方は、現場監督の仕事を続けやすいでしょう。

繁忙期や短納期の仕事では残業もあり得る

建設業は、施主から提示された工期を基準にスケジュールを組み立てていきます。作業が遅れていたり繁忙期だったりする時は、残業や休日出勤も必要です。

現場監督の場合は、現場の巡回や打ち合わせに加えて、事務処理や書類整理といった仕事も担っています。そのため、残業で事務作業をこなすこともありますし、現場の作業スケジュールに合わせて休日出勤しなければいけないこともあるでしょう。

派遣としての現場監督のデメリット

ボーナスが少ない

一般的にボーナスは、なしもしくは正社員よりも少ない傾向です。しかし、正社員よりも給与は高い傾向にあるため、必ずしも収入面でデメリットというわけではありません。

雇用は不安定な傾向

現場監督の仕事に限らず派遣社員は、契約打ち切りなどといった事態に直面しやすく、不安定な雇用状況です。契約更新は、仕事の実績や資格取得などといった点も考慮されやすく、能力重視といえるでしょう。

派遣社員として現場監督の仕事を続けるには、資格取得を積極的に行ったり実績を積み重ねたりするのが大切です。

まとめ

派遣として現場監督の仕事を始める場合は、高収入を期待できますしワークライフバランスも保てます。さらに、人材派遣の場合は、未経験からでも建設会社で働きやすいのが魅力です。

これから現場監督を目指す方は、現場監督および施工管理の研修制度が整った派遣会社を活用するのもおすすめです。研修制度があれば、基礎から施工管理を学べますし、現場で実技研修も経験できます。さらに派遣会社の担当者からサポートを受けつつ、資格取得を目指すことが可能です。