現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 現場監督の仕事内容 » 現場監督に向いている人

現場監督に向いている人

現場監督を目指している方に向けて、現場監督に向いている人の特徴をまとめてみました。その他にも、現場監督のやりがいやインタビューも掲載しているので、ぜひチェックしてみてください。

現場監督のイメージ

現場監督に向いている人の特徴とは?

建設業界で施工管理を行っている現場監督には、いくつかの適性が必要です。とはいっても特別なことではなく、人として当たり前に振舞える以下のような常識が重要視されています。

コミュニケーション能力がある

現場監督はいろんな人たちと交流を持ちながら、プロジェクトを進めていく仕事です。そのためコミュニケーション能力がないと、確認不足で大きなミスにつながってしまったり、職人さんたちと良好な関係が保てずプロジェクトの妨げになってしまうことがあります。

臨機応変な対応ができる

プロジェクトや現場のマネジメントを行うのが現場監督の仕事。プロジェクトの途中には予期せぬ事態も少なくありませんから、臨機応変に柔軟な対応ができる人が求められます。天候不良で工事ができない場合や、人材が足りない場合など、各トラブルに備えた対応が必要です。

元気のよいあいさつができる

人として当たり前のことと思うかもしれませんが、元気なあいさつができる人は、プロジェクトでかかわる様々な人と良好な関係を築きます。現場監督の元気なあいさつが職人さんのモチベーションを左右することもあります。

細かい仕事が好き

細やかな仕事ができる人は、現場で様々なことに気が付いてくれます。ちょっとしたミスや事故のリスク、職人さんの調子の良し悪しにも気付けると、頼りがいのある現場監督として評価されるでしょう。またきめ細やかな仕事は質の向上にも繋がります。事務作業や写真撮影、連絡といった細かな業務も現場監督の務めです。

体育会系の方がいい?

一概に文系が悪いというわけではありませんが、施工管理は体をよく使うため体力が必要。そのため体育会系の仕事や部活などを経験していた人はもちろんですが、体力に自信のある人やスポーツが好きな人、体を動かすことが苦にならない人であれば現場監督は務まるでしょう。

現場監督に求められるスキルとは?

現場監督を目指すなら、以下のスキルを持っておくと心強いでしょう。

現場監督のイメージ

マネジメント能力がある

施工管理は人と人がつくったチームをマネジメントしていく仕事です。そのため仕事でかかわる一人ひとりに目を向け、それぞれに適した対応を求められるでしょう。一人で仕事を抱え込む人が出ないよう業務の割り振りを考えたり、辛そうな人を手伝ったり、逆に誰かに仕事を手伝ってもらったり…。適宜コミュニケーションをとりながら、慎重に人と人との結びつきを支えて仕事を進めていくことが、現場監督に必要なスキルです。

タスク管理ができる

建設現場では様々な仕事が同時に進行していきます。複数の人たちがどんな仕事を持っていて、どんなペースで進んでいるかをよくチェックしてそれを管理するスキルが、現場監督に求められます。仕事の内容にはっきりと優先順位をつけたり、プロジェクト全体の流れを見渡して効率よく仕事を進行させる必要があるため、ある程度の経験があるとより心強いでしょう。監督は俯瞰的な視点でチームを見渡すため、細やかな点を見落としてしまうリスクもあります。些細なことにもしっかり目を向けたマネジメントが必要です。

広い視野を持っている

現場監督はすべての工程とチームに加わる人たちを、上から俯瞰した目線で見渡す業務です。そのため視野の広さを持った人材でないと、大切な点を見落としてしまったり、人員や工程の些細なリスクを見逃してしまったりすることがあります。ただ一つの点にだけ注目するのではなく、一つの工程がどのような影響を与え、どこにどんなリスク・メリットをもたらすのかを考えられるスキルが欠かせません。またチームは多種多様な人材の集まりですから、人それぞれの価値観やものの考え方を許容できる包容力もあると、現場が円滑に雰囲気をつくれるでしょう。

現場監督に向いていない人の特徴とは?

現場監督への適性や必要なスキルについてご紹介しましたが、逆に向いていないのはどんな人か?一緒にチェックしていきましょう。

ストレスを抱えやすい人

ストレスに敏感な人だと、チームで仕事を進めていく現場監督の仕事が苦痛に感じてしまうでしょう。緊張や不安、プレッシャーなどのストレスで本領を発揮できなくなる人もまた、現場監督には向いていません。対人関係がかなめとなる職業ですから、ストレスに押しつぶされてしまいます。

体調を崩しやすい人

たくさん動き回っていろんな細かな仕事をする現場監督は、体調を崩しやすい人には向いていません。途中で体を壊してしまうリスクがありますし、何度も体を壊していては仕事も進みません。体力が少なくて体育会系が苦手な人も要注意です。

プライベートの時間を最優先したい人

現場監督は自分が休みの時でも、絶えず現場では作業が続いており、どうしても急な確認や呼び出しが発生してしまいがち。場合によっては、プライベートな時間を消費してしまうケースもあります。プライベートな時間での仕事の対応や相談に苦痛を感じる人は、ストレスを溜めてしまうかもしれません。

仕事量をコントロールしたい人

自分のペースで仕事を進めたい、自由度の高い仕事がしたいという人には、計画が狂いやすい現場監督の仕事はおすすめできません。建設業界は天候の関係や人と人とのトラブルなどで仕事のスケジュールが狂いやすいため、仕事のペースがいつも読めません。

大ざっぱな性格の人

いつでも現場を細かくチェックし、リスクを排除して人に気遣いをして…といった現場監督の仕事は、大ざっぱな性格の人だと活躍が難しいかもしれません。時には写真撮影や文書にまとめる作業などの細かな作業が続きますから、緻密な仕事が得意な人の方が現場監督に向いています。