現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 現場監督の仕事内容 » 現場監督に向いている人

現場監督に向いている人

現場監督を目指している方に向けて、現場監督に向いている人の特徴をまとめてみました。その他にも、現場監督のやりがいやインタビューも掲載しているので、ぜひチェックしてみてください。

現場監督のイメージ

現場監督に向いている人の特徴とは?

建設業界で施工管理を行っている現場監督には、いくつかの適性が必要です。とはいっても特別なことではなく、人として当たり前に振舞える以下のような常識が重要視されています。

適切なコミュニケーションをとり、周りと協力できる

現場監督はいろんな人たちと交流を持ちながら、プロジェクトを進めていく仕事です。そのためコミュニケーション能力がないと、確認不足で大きなミスにつながってしまったり、職人さんたちと良好な関係が保てずプロジェクトの妨げになってしまうことがあります。

臨機応変な対応ができる

プロジェクトや現場のマネジメントを行うのが現場監督の仕事。プロジェクトの途中には予期せぬ事態も少なくありませんから、臨機応変に柔軟な対応ができる人が求められます。天候不良で工事ができない場合や、人材が足りない場合など、各トラブルに備えた対応が必要です。

元気のよいあいさつができる

人として当たり前のことと思うかもしれませんが、元気なあいさつができる人は、プロジェクトでかかわる様々な人と良好な関係を築きます。現場監督の元気なあいさつが職人さんのモチベーションを左右することもあります。

細かい仕事が好き

細やかな仕事ができる人は、現場で様々なことに気が付いてくれます。ちょっとしたミスや事故のリスク、職人さんの調子の良し悪しにも気付けると、頼りがいのある現場監督として評価されるでしょう。またきめ細やかな仕事は質の向上にも繋がります。事務作業や写真撮影、連絡といった細かな業務も現場監督の務めです。

体育会系の方がいい?

一概に文系が悪いというわけではありませんが、施工管理は体をよく使うため体力が必要。そのため体育会系の仕事や部活などを経験していた人はもちろんですが、体力に自信のある人やスポーツが好きな人、体を動かすことが苦にならない人であれば現場監督は務まるでしょう。

現場監督に求められるスキルとは?

現場監督を目指すなら、以下のスキルを持っておくと心強いでしょう。

現場監督のイメージ

マネジメント能力がある

施工管理は人と人がつくったチームをマネジメントしていく仕事です。そのため仕事でかかわる一人ひとりに目を向け、それぞれに適した対応を求められるでしょう。一人で仕事を抱え込む人が出ないよう業務の割り振りを考えたり、辛そうな人を手伝ったり、逆に誰かに仕事を手伝ってもらったり…。適宜コミュニケーションをとりながら、慎重に人と人との結びつきを支えて仕事を進めていくことが、現場監督に必要なスキルです。

タスク管理ができる

建設現場では様々な仕事が同時に進行していきます。複数の人たちがどんな仕事を持っていて、どんなペースで進んでいるかをよくチェックしてそれを管理するスキルが、現場監督に求められます。仕事の内容にはっきりと優先順位をつけたり、プロジェクト全体の流れを見渡して効率よく仕事を進行させる必要があるため、ある程度の経験があるとより心強いでしょう。監督は俯瞰的な視点でチームを見渡すため、細やかな点を見落としてしまうリスクもあります。些細なことにもしっかり目を向けたマネジメントが必要です。

広い視野を持っている

現場監督はすべての工程とチームに加わる人たちを、上から俯瞰した目線で見渡す業務です。そのため視野の広さを持った人材でないと、大切な点を見落としてしまったり、人員や工程の些細なリスクを見逃してしまったりすることがあります。ただ一つの点にだけ注目するのではなく、一つの工程がどのような影響を与え、どこにどんなリスク・メリットをもたらすのかを考えられるスキルが欠かせません。またチームは多種多様な人材の集まりですから、人それぞれの価値観やものの考え方を許容できる包容力もあると、現場が円滑に雰囲気をつくれるでしょう。

職人さんとの関係性の築き方

コミュニケーションをとる

新人現場監督が最初にぶつかる問題は、職人さんとのコミュニケーションです。

現場の作業を円滑に進めるには、職人さんとの信頼関係の構築が重要になります。そのため、現場監督にはコミュニケーション能力が求められるのです。

その日すべき作業が安全に行われれば、現場監督の仕事は順調といえます。そのためには、職人さんとの打ち合わせやコミュニケーションが欠かせません。コミュニケーションが不足していると、品質の低下や、工期の遅れなどにつながります。

職人さんを尊敬する

建設現場では職人さんたちの方が年上の可能性があります。若手の現場監督が偉そうな口調や態度で望めば、当然職人さんたちとの関係性は悪くなります。

現場で作業する職人さんと現場監督との間には、壁ができやすいもの。あくまでも対等の立場で接することが大切です。

職人さんと良い関係性を築くには、相手を尊敬する気持ちを持つことが大切であり、コミュニケーションを深める一歩にもなります。

家づくりでは、地盤改良から、仮設、基礎、足場、建方、左官、屋根、防水、内装、設備、電気、水道、ガス、外構、造園まで、工程が細分化されており、各専門の職人が次々と作業を進めていくことになります。職人一人ひとりのプロフェッショナルな技術により、設計通りの家が完成するのです。そのため、職人さんたちは自分にはできない仕事をする他の職人に対して、尊敬の気持ちを持っているようです。

職人さんたちと良好な関係を築くには、礼儀正しいあいさつの仕方や言葉遣いを意識します。もちろん、年上の職人さんには敬語を使うべきです。また現場を活気づけるためにも、大きな声であいさつすると良いでしょう。

職人さんに指示を出す際のコツ

職人さんとのトラブルを防ぐためにも、指示を出す際には、素人が見ても理解できるような明瞭な説明を心がけましょう。例えば、視覚的に分かりやすいよう絵を描いて説明したり、寸法を細かく丁寧に書いたり、口頭で説明を加えたりといった具合に、徹底的に配慮することが大切です。

急に作業が変更になる場合は、職人さんたちに頭を下げて依頼する姿勢が大切です。また意見が食い違った際には、お互いが納得出来るまでとことん話し合いましょう。

午前・午後の休憩やお昼休憩は、職人さんたちとコミュニケーションを図り、ミーティングを重ねていきましょう。コスト面や効率面はもちろん、職人さんが楽に作業を進められるようにするには、どうすれば良いかという点を常に考えて実践していくことで、自然に職人さんたちとの信頼関係が構築されていくでしょう。

建設業界で活躍する3タイプの現場監督

体育会系現場監督

上下の信頼関係を大切にしながら、仲間のために全力で問題に立ち向かえる体育会系の職人はいかにも現場の責任者というイメージにぴったりかもしれません。施工管理で他人と交渉する際にも押し負けることなく、また昔気質のベテラン職人などからも好かれやすい体育会系現場監督は、チームリーダーとして魅力的な人材といえます。

単に威張るだけの監督でなく、部下の様子や周囲の状況をきちんと把握し引っ張っていける人こそが体育会系現場監督として相応しいといえるでしょう。

頭脳派現場監督

冷静沈着で物事を的確に見極めながら、適切な判断を下していける頭脳派の人も責任ある現場監督として魅力的。

施工管理の仕事では、現場での指示だけでなく図面作成や事務処理といった業務も必要であるため、細部まで意識を配りながら理性的に仕事を進められる頭脳派現場監督はチームの土台を支える役目を果たすのに適役と言えます。

また専門的な知識やノウハウを集約し「分からないことや問題点があってもこの人に聞けば大丈夫だ」と周囲から認められれば精神的支柱としての役割も兼任でき、現場のモチベーションも向上するでしょう。

バランス型現場監督

体育会系の気質と頭脳派の特性をバランス良く兼ね備えているバランス型現場監督も人気です。周囲とのコミュニケーションを取ることに抵抗が無く、本人が普段通りに過ごしているだけで自然と周りに人が集まってくるのもバランス型現場監督の特徴です。

言うべきことを考えた上で、適切な方法で相手に伝えられるバランス型現場監督は取引先や職人からも信頼される可能性が高いでしょう。

前職の経験は現場監督に活かせる?

現場監督として働く施工管理者は前職での経験やスキルを活かすこともできます。

例えば前職でも現場関係の仕事をしていた人であれば、現場の雰囲気や職人の性格などにも詳しくなっており現場になじむのにそれほどの苦労は要しないでしょう。

また営業職や接客業に従事していた人であれば、多種多様な人とコミュニケーションを円滑に行う能力が備わっており、相手やTPOに応じた対話で信頼関係を構築していけます。前職が製造業の人ならものづくりに携わる人間の気質や作業の大まかな流れについて把握しているため、施工管理者として求められる能力のベースがある程度育成されていると言えます。

これらはあくまでも前職で培った経験や知識、技能をきちんと有していることが前提であり、単に前職がどうだったからというだけで現場監督として優秀さを証明することはできません。どのような職業や環境にあっても、向上心を持ちながら成長していける人であれば、自分の経験や経歴を現場監督の業務に活かせるでしょう。

現場監督に向いていない人の特徴とは?

現場監督への適性や必要なスキルについてご紹介しましたが、逆に向いていないのはどんな人か?一緒にチェックしていきましょう。

ストレスを抱えやすい人

ストレスに敏感な人だと、チームで仕事を進めていく現場監督の仕事が苦痛に感じてしまうでしょう。緊張や不安、プレッシャーなどのストレスで本領を発揮できなくなる人もまた、現場監督には向いていません。対人関係がかなめとなる職業ですから、ストレスに押しつぶされてしまいます。

体調を崩しやすい人

たくさん動き回っていろんな細かな仕事をする現場監督は、体調を崩しやすい人には向いていません。途中で体を壊してしまうリスクがありますし、何度も体を壊していては仕事も進みません。体力が少なくて体育会系が苦手な人も要注意です。

プライベートの時間を最優先したい人

現場監督は自分が休みの時でも、絶えず現場では作業が続いており、どうしても急な確認や呼び出しが発生してしまいがち。場合によっては、プライベートな時間を消費してしまうケースもあります。プライベートな時間での仕事の対応や相談に苦痛を感じる人は、ストレスを溜めてしまうかもしれません。

仕事量をコントロールしたい人

自分のペースで仕事を進めたい、自由度の高い仕事がしたいという人には、計画が狂いやすい現場監督の仕事はおすすめできません。建設業界は天候の関係や人と人とのトラブルなどで仕事のスケジュールが狂いやすいため、仕事のペースがいつも読めません。

大ざっぱな性格の人

いつでも現場を細かくチェックし、リスクを排除して人に気遣いをして…といった現場監督の仕事は、大ざっぱな性格の人だと活躍が難しいかもしれません。時には写真撮影や文書にまとめる作業などの細かな作業が続きますから、緻密な仕事が得意な人の方が現場監督に向いています。

パソコン操作が苦手な人

現場監督は書類や資料の作成をすることもあり、パソコン操作が不得意な人は苦労するでしょう。とはいえ、このスキルに関しては回数をこなし慣れさえすればいずれ克服できます。

スケジュールの
調整ができない人

適切な工事計画を考えてスケジュール管理を行えない人は、納期厳守が要求される現場監督として働くことはできません。

安全に対する
意識が低い人

安全に対して意識が低かったり危機管理能力が不足していたりする人も、作業員をまとめて工事を進める現場責任者として不向きです。

整理整頓できない
ルーズな人

様々な物事を計画的にまとめる施工管理者にとって、整理整頓できる能力はとても重要なポイントです。

建設や建築について
意欲のない人

現場監督は場合によって過酷な労働環境になることもあり、そもそも意欲のない人が続けることは難しいでしょう。

嫌われる現場監督は何が悪い?

段取りができないと現場は大混乱

嫌われる現場監督の特徴として、段取りが下手・苦手な人が挙げられます。

「段取りができていない」最大の原因は、現場で必要なモノ・ヒトを把握できていないこと。工程管理表に穴が多く、機材の手配をしていない、職人さんの手配ミスなどを連発すれば、現場は大混乱になります。

現場監督が段取りできないと、工期の後半で作業が間に合わず、休日出勤を連発することに。台風や地震といった、仕方ない事情であれば周囲も納得してくれるはずですが、段取りの問題なら信用を失い、嫌われる現場監督になるでしょう。

厳しく言うべき場面ではっきり言えないと嫌われる

現場監督は厳しく言うべき場面で逃げてしまうと、責任能力がないと判断されて嫌われてしまいます。仕事の現場でミスや間違ったことが起これば、再発防止のために誰かが厳しく言わなくてはなりません。現場監督はそういった事態も含めて、現場を適切に管理するのが仕事です。

しかしトラブルを嫌がって曖昧な注意だけで済ませてしまうと、ミスをした当人には響かず同じミスを繰り返してしまいます。厳しく注意できなければ、事故や混乱を引き起こす原因ともなり、現場監督として嫌われるでしょう。

依頼主や元請けに対しても同様です。無理な注文を断れずに引き受けてしまった場合、しわ寄せは現場に行きます。残業や無理な工事を強いることになり、現場から反感を買ってしまうでしょう。

時間にルーズ

時間を守らない現場監督は言語道断です。朝が早い建設現場において、職人さんが朝一で作業を確認できなければ何も進められません。職人さんは確認なしでは勝手に作業を進められないので、現場監督の遅刻は致命的です。

現場監督に限らず、どんな職種でも時間にルーズな人は嫌われます。社会人として時間管理は、当たり前にできなくてはなりません。

いつも現場にいない

遅刻をせず朝礼にはきちんと出ているのに、気付いたら現場からいなくなる現場監督がいるようです。

会議や打ち合わせと嘘をついて仕事をさぼっている場合は、人として疑われるでしょう。

パチンコや私的な買い物をしていたり、現場が近くなら帰宅していたりするケースも。職人さんに任せているから大丈夫と思い込んでいるのかもしれませんが、不在時の事故やトラブルは当然ながら大問題となり、処罰の対象にもなります。

職人さんも、さぼっているばかりの現場監督を信頼するはずがありません。

職人さんを下に見ている

職人さんを下に見て、偉ぶっている現場監督は嫌われて当然です。

現場監督は現場の指示や管理をする立場なので、段々と勘違いしてしまう人も。

職人さんの中には、職歴数十年の大ベテランや業界の大先輩もたくさんいるでしょう。ベテランだけでなく若手も含めて、職人さんは一緒に仕事をする仲間だということを忘れてはなりません。自分の立場をわきまえず、現場監督として現場を回せなくなる人もいるようです。

資料をわたすのが遅い

資料がないと、なにを用意すればいいか、段取りをどうすればいいかも遅れます。最初の資料と変更がないなら問題はないです。変更があれば、最悪の場合、用意するものも段取りもやり直す羽目になります。施工当日に現場で「変更があった」と資料を渡せば嫌われるのは当然です。

職人からの質問に答えられない

職人の質問に答えられない現場監督は信頼されません。図面や仕様書を理解していないと判断されます。職人も勝手な判断ではできません。図面や仕様書と異なれば責任問題です。質問に対し明確に答えられないと嫌われてもしかたありません。

設計や図面のせいにする

現場では図面と合わないトラブルは日常茶飯事です。しかし「図面が悪い、設計が悪い」と主張しても問題は解決しません。怒ったり、愚痴をいったりしてもいい空気にはならないのです。一旦受け止めて、協議をすると言った前向きな対応が求められます。

近隣住民の対応を発注者へパスする

近隣住民からクレームを言われることも。そのとき、発注者ばかりに任せていると嫌われます。現場監督はコミュニケーション能力が求められる職種です。どんなときでも冷静に対応できれば信頼されますし、逆なら嫌われるもの。責任者として積極的にクレーム対応・改善をするべきです。

口頭だけで設計変更しようとする

新任者に多いですが「前任者に口頭で設計を変更してもOKといわれた」と主張しても、口頭だと認められません。打ち合わせで変更になった内容を議事録や履歴が必要です。書類もない状態で変更しようとすれば仕事ができない監督として認知されるでしょう。

嫌われる現場監督になっていないか振り返ってみよう

嫌われる現場監督には、明確な理由があるものです。職人さんにいつも怒られている場合、何かしらの重大なミスをしていないか、行動を改めてみましょう。

危険行為を繰り返したり報連相を怠ったり、勝手なことばかりしていると仕事を失ってしまいます。嫌われる現場監督にならないために、改めて自分の言動や態度を振り返ってみてください。

「現場監督に向いていないかも…」よくある悩みをチェック

資格を取得し、やっと念願の現場監督を任されることになったものの、どうも思っていたのと違った……。
若手のうちは、そんな悩みを抱えている現場監督が数多く存在します。
「自分は現場監督に向いていないかもしれない」と感じてしまったとき、どうしてそう思うのかを具体的に確認してみましょう。
原因がわかれば、悩みの解決方法も見つかるかもしれません。

人間関係がつらい

現場監督は資格によって就くことができる職業です。そのため、あまり年齢は関係ありません。時には、現場監督の自分よりも年上の職人さんも数多くいる現場もあることでしょう。口調や態度の良い人ばかりとは限らず、そんなベテラン職人さんの仕事ぶりやスケジュールも管理しなければならないため、若手の現場監督の場合は特に人間関係に気疲れしてしまうことがあります。

仕事内容がきつい

若手の現場監督の場合、肉体的なきつさだけでなく、精神的なきつさも大きいようです。精神的に疲労している結果、肉体的にも疲れを余計に感じることが多くなりがちです。
また、現場監督は数多くの業務をこなさなくてはならないという理由も同時にあることでしょう。仕事を覚えるまでは要領をなかなかつかめず苦労する現場監督も見られます。

給料が低い

たとえ仕事がたいへんであったとしても、それを上回る報酬を受け取ることができるというのでしたら、やりがいにつながります。

しかし、現場監督の仕事をしていると、疲労度と給料が見合っていないように感じることも多々あるものです。

現場監督になりたての若手の場合、給与は年間およそ300万円から400万円と言われています。
ただ、現場監督になったばかりの頃は特に効率的な管理も行えず、早朝から夕方以降まで働くなど労働時間が長くなったり、人間関係の構築にも時間がかかったりと、月給と仕事量のバランスに違和感や不満を持つこともあります。

危険な仕事が多い

重機などの機材を数多く扱う建設現場は、落下物や誤作動などから体を負傷するような大きな事故も起こりかねない危険な現場です。そのため現場監督は人一倍、安全に気を配らなければなりません。最初のうちは特に気を張ることが多いことでしょう。

一方、一般の会社員であれば、こうした安全確保に気を割いたり、職場でケガをするような危険へのリスクは低く、安心して仕事を行えます。
報酬や仕事量、そして身の危険などを比べ、現場監督という職業について疑問を持つ若手もいるかもしれません。

また、実際にヒヤリとする場面に出くわすと、その思いは一層強くなりがちです。

プライベートな時間が取れない

現場監督に就いてすぐの頃は特に、仕事を効率良く進められず、プライベートの時間まで取れなくなることも多々あります。
仕事に追われ、家族や自分のことまで後回しにしてしまうことも少なからずあるでしょう。しばらくは家に帰っても寝るだけ……という期間が続くかもしれません。

こうした状態が起こってしまうのは、建設業ならではです。現場の仕事とは別に、事務作業が意外とたくさん存在し、現場監督がそれを行わなければならないことが多いからです。

「現場監督に向いていない」と思ったら

「現場監督に向いていない」と思っても、すぐに辞めるのは待ってください。つらいのはここまでで……という、ちょうどそのときに辞めてしまうことにもなるかもしれません。
せっかくがんばって積み重ねた経歴や経験が失われてしまう可能性もあります。
ここは一旦立ち止まって、仕事についてまずは振り返ってみましょう。

若手の現場監督は自信をなくしがち

現場監督になったものの自信を持てないという人も多いと思いますが、実際には若手の大半が同じような感情を抱いています。

経験が浅いと、作業員から認めてもらうまでには時間もかかることでしょう。また信頼を築くためにはそもそも交流を重ねるしかありません。仕事に慣れない最初のうちは、こなさなくてはならない作業も果てしなく思え、つらいことも山積みです。

監督と言うだけに、現場監督は映画監督とも似ている部分があります。
演出に撮影に編集作業、仕事は盛りだくさんで、ベテラン俳優さんに良い仕事をしてもらうため、相手を敬い、礼儀正しく接しなくてはなりません。

自信をなくしてしまう現場監督も多いとは思いますが、その仕事ぶりを作業員はよく見ています。
それもこれも良い仕事を残すためと考え、経験を積んでいきましょう。

人材不足のため若手はチャンス

ご存じの方も多いことですが、建設業界は現在、人材不足の状態です。特に若手社員は減り続け、後継者の育成もその多くがはかどっていません。
しかも、ベテラン職人さんやすでに活躍している現場監督の高齢化も深刻です。遅かれ早かれ世代交代が進み、現在の若手が工事現場の中心になる時代が来ます。そのとき、早くから現場監督として働いてきた人の待遇は今よりも期待されたものとなるでしょう。
現場監督の仕事を続けるかどうかも、将来のビジョンまで考えた長い目で見て決めてください。

「現場監督に向いていない」は間違い?悩んだ時に取るべき行動

もしも自分が「現場監督に向いていないかも知れない」と感じた時は、一人で悩みを抱えて問題を根深いものにしてしまったり自分にはダメだとあきらめて辞めてしまったりする前に、次の行動を考えてみましょう。可能性を自分から捨ててしまうことほどもったいないことはありません。適切な場所へ相談し、より良い状態・環境で働けるように行動を起こしてみましょう。

上司へ相談する

どのような仕事であっても、自分の適性について悩んだ時は直属の上司への相談が基本になります。特に上司に現場監督としての経験があれば、現在の自分の状況を踏まえた上で適切なアドバイスをくれるかも知れません。

直属の上司への相談に不安を感じる場合は、口が堅くて親身になってくれそうな上司を選んでもいいですし、自分の性格に詳しい家族へ相談することも大切です。

自分の適性やニーズへマッチした会社へ転職する

一口に現場監督といっても、施工管理を担当する案件や所属している作業員などはそれぞれの現場の状況や会社規模で変わるため、場合によっては自分の適性にマッチした環境で再スタートを切ることも方法の1つです。

建設業界は常に人手不足に悩んでおり、施工管理者としての経験を有している人であれば、自分にとってより良い環境を探し、納得できる転職を成功させられる可能性も十分にあるでしょう。