現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 現場監督の仕事内容 » 現場監督に向いている人

現場監督に向いている人

現場監督を目指している方に向けて、現場監督に向いている人の特徴をまとめてみました。その他にも、現場監督のやりがいやインタビューも掲載しているので、ぜひチェックしてみてください。

現場監督のイメージ

現場監督に向いている人の特徴とは?

建設業界で施工管理を行っている現場監督には、いくつかの適性が必要です。とはいっても特別なことではなく、人として当たり前に振舞える以下のような常識が重要視されています。

適切なコミュニケーションをとり、周りと協力できる

現場監督はいろんな人たちと交流を持ちながら、プロジェクトを進めていく仕事です。そのためコミュニケーション能力がないと、確認不足で大きなミスにつながってしまったり、職人さんたちと良好な関係が保てずプロジェクトの妨げになってしまうことがあります。

臨機応変な対応ができる

プロジェクトや現場のマネジメントを行うのが現場監督の仕事。プロジェクトの途中には予期せぬ事態も少なくありませんから、臨機応変に柔軟な対応ができる人が求められます。天候不良で工事ができない場合や、人材が足りない場合など、各トラブルに備えた対応が必要です。

元気のよいあいさつができる

人として当たり前のことと思うかもしれませんが、元気なあいさつができる人は、プロジェクトでかかわる様々な人と良好な関係を築きます。現場監督の元気なあいさつが職人さんのモチベーションを左右することもあります。

細かい仕事が好き

細やかな仕事ができる人は、現場で様々なことに気が付いてくれます。ちょっとしたミスや事故のリスク、職人さんの調子の良し悪しにも気付けると、頼りがいのある現場監督として評価されるでしょう。またきめ細やかな仕事は質の向上にも繋がります。事務作業や写真撮影、連絡といった細かな業務も現場監督の務めです。

体育会系の方がいい?

一概に文系が悪いというわけではありませんが、施工管理は体をよく使うため体力が必要。そのため体育会系の仕事や部活などを経験していた人はもちろんですが、体力に自信のある人やスポーツが好きな人、体を動かすことが苦にならない人であれば現場監督は務まるでしょう。

現場監督に求められるスキルとは?

現場監督を目指すなら、以下のスキルを持っておくと心強いでしょう。

現場監督のイメージ

マネジメント能力がある

施工管理は人と人がつくったチームをマネジメントしていく仕事です。そのため仕事でかかわる一人ひとりに目を向け、それぞれに適した対応を求められるでしょう。一人で仕事を抱え込む人が出ないよう業務の割り振りを考えたり、辛そうな人を手伝ったり、逆に誰かに仕事を手伝ってもらったり…。適宜コミュニケーションをとりながら、慎重に人と人との結びつきを支えて仕事を進めていくことが、現場監督に必要なスキルです。

タスク管理ができる

建設現場では様々な仕事が同時に進行していきます。複数の人たちがどんな仕事を持っていて、どんなペースで進んでいるかをよくチェックしてそれを管理するスキルが、現場監督に求められます。仕事の内容にはっきりと優先順位をつけたり、プロジェクト全体の流れを見渡して効率よく仕事を進行させる必要があるため、ある程度の経験があるとより心強いでしょう。監督は俯瞰的な視点でチームを見渡すため、細やかな点を見落としてしまうリスクもあります。些細なことにもしっかり目を向けたマネジメントが必要です。

広い視野を持っている

現場監督はすべての工程とチームに加わる人たちを、上から俯瞰した目線で見渡す業務です。そのため視野の広さを持った人材でないと、大切な点を見落としてしまったり、人員や工程の些細なリスクを見逃してしまったりすることがあります。ただ一つの点にだけ注目するのではなく、一つの工程がどのような影響を与え、どこにどんなリスク・メリットをもたらすのかを考えられるスキルが欠かせません。またチームは多種多様な人材の集まりですから、人それぞれの価値観やものの考え方を許容できる包容力もあると、現場が円滑に雰囲気をつくれるでしょう。

建設業界で活躍する3タイプの現場監督

体育会系現場監督

上下の信頼関係を大切にしながら、仲間のために全力で問題に立ち向かえる体育会系の職人はいかにも現場の責任者というイメージにぴったりかもしれません。施工管理で他人と交渉する際にも押し負けることなく、また昔気質のベテラン職人などからも好かれやすい体育会系現場監督は、チームリーダーとして魅力的な人材といえます。

単に威張るだけの監督でなく、部下の様子や周囲の状況をきちんと把握し引っ張っていける人こそが体育会系現場監督として相応しいといえるでしょう。

頭脳派現場監督

冷静沈着で物事を的確に見極めながら、適切な判断を下していける頭脳派の人も責任ある現場監督として魅力的。

施工管理の仕事では、現場での指示だけでなく図面作成や事務処理といった業務も必要であるため、細部まで意識を配りながら理性的に仕事を進められる頭脳派現場監督はチームの土台を支える役目を果たすのに適役と言えます。

また専門的な知識やノウハウを集約し「分からないことや問題点があってもこの人に聞けば大丈夫だ」と周囲から認められれば精神的支柱としての役割も兼任でき、現場のモチベーションも向上するでしょう。

バランス型現場監督

体育会系の気質と頭脳派の特性をバランス良く兼ね備えているバランス型現場監督も人気です。周囲とのコミュニケーションを取ることに抵抗が無く、本人が普段通りに過ごしているだけで自然と周りに人が集まってくるのもバランス型現場監督の特徴です。

言うべきことを考えた上で、適切な方法で相手に伝えられるバランス型現場監督は取引先や職人からも信頼される可能性が高いでしょう。

前職の経験は現場監督に活かせる?

現場監督として働く施工管理者は前職での経験やスキルを活かすこともできます。

例えば前職でも現場関係の仕事をしていた人であれば、現場の雰囲気や職人の性格などにも詳しくなっており現場になじむのにそれほどの苦労は要しないでしょう。

また営業職や接客業に従事していた人であれば、多種多様な人とコミュニケーションを円滑に行う能力が備わっており、相手やTPOに応じた対話で信頼関係を構築していけます。前職が製造業の人ならものづくりに携わる人間の気質や作業の大まかな流れについて把握しているため、施工管理者として求められる能力のベースがある程度育成されていると言えます。

これらはあくまでも前職で培った経験や知識、技能をきちんと有していることが前提であり、単に前職がどうだったからというだけで現場監督として優秀さを証明することはできません。どのような職業や環境にあっても、向上心を持ちながら成長していける人であれば、自分の経験や経歴を現場監督の業務に活かせるでしょう。

現場監督に向いていない人の特徴とは?

現場監督への適性や必要なスキルについてご紹介しましたが、逆に向いていないのはどんな人か?一緒にチェックしていきましょう。

ストレスを抱えやすい人

ストレスに敏感な人だと、チームで仕事を進めていく現場監督の仕事が苦痛に感じてしまうでしょう。緊張や不安、プレッシャーなどのストレスで本領を発揮できなくなる人もまた、現場監督には向いていません。対人関係がかなめとなる職業ですから、ストレスに押しつぶされてしまいます。

体調を崩しやすい人

たくさん動き回っていろんな細かな仕事をする現場監督は、体調を崩しやすい人には向いていません。途中で体を壊してしまうリスクがありますし、何度も体を壊していては仕事も進みません。体力が少なくて体育会系が苦手な人も要注意です。

プライベートの時間を最優先したい人

現場監督は自分が休みの時でも、絶えず現場では作業が続いており、どうしても急な確認や呼び出しが発生してしまいがち。場合によっては、プライベートな時間を消費してしまうケースもあります。プライベートな時間での仕事の対応や相談に苦痛を感じる人は、ストレスを溜めてしまうかもしれません。

仕事量をコントロールしたい人

自分のペースで仕事を進めたい、自由度の高い仕事がしたいという人には、計画が狂いやすい現場監督の仕事はおすすめできません。建設業界は天候の関係や人と人とのトラブルなどで仕事のスケジュールが狂いやすいため、仕事のペースがいつも読めません。

大ざっぱな性格の人

いつでも現場を細かくチェックし、リスクを排除して人に気遣いをして…といった現場監督の仕事は、大ざっぱな性格の人だと活躍が難しいかもしれません。時には写真撮影や文書にまとめる作業などの細かな作業が続きますから、緻密な仕事が得意な人の方が現場監督に向いています。

パソコン操作が苦手な人

現場監督は書類や資料の作成をすることもあり、パソコン操作が不得意な人は苦労するでしょう。とはいえ、このスキルに関しては回数をこなし慣れさえすればいずれ克服できます。

スケジュールの
調整ができない人

適切な工事計画を考えてスケジュール管理を行えない人は、納期厳守が要求される現場監督として働くことはできません。

安全に対する
意識が低い人

安全に対して意識が低かったり危機管理能力が不足していたりする人も、作業員をまとめて工事を進める現場責任者として不向きです。

整理整頓できない
ルーズな人

様々な物事を計画的にまとめる施工管理者にとって、整理整頓できる能力はとても重要なポイントです。

建設や建築について
意欲のない人

現場監督は場合によって過酷な労働環境になることもあり、そもそも意欲のない人が続けることは難しいでしょう。

「現場監督に向いていない」は間違い?悩んだ時に取るべき行動

もしも自分が「現場監督に向いていないかも知れない」と感じた時は、一人で悩みを抱えて問題を根深いものにしてしまったり自分にはダメだとあきらめて辞めてしまったりする前に、次の行動を考えてみましょう。可能性を自分から捨ててしまうことほどもったいないことはありません。適切な場所へ相談し、より良い状態・環境で働けるように行動を起こしてみましょう。

上司へ相談する

どのような仕事であっても、自分の適性について悩んだ時は直属の上司への相談が基本になります。特に上司に現場監督としての経験があれば、現在の自分の状況を踏まえた上で適切なアドバイスをくれるかも知れません。

直属の上司への相談に不安を感じる場合は、口が堅くて親身になってくれそうな上司を選んでもいいですし、自分の性格に詳しい家族へ相談することも大切です。

自分の適性やニーズへマッチした会社へ転職する

一口に現場監督といっても、施工管理を担当する案件や所属している作業員などはそれぞれの現場の状況や会社規模で変わるため、場合によっては自分の適性にマッチした環境で再スタートを切ることも方法の1つです。

建設業界は常に人手不足に悩んでおり、施工管理者としての経験を有している人であれば、自分にとってより良い環境を探し、納得できる転職を成功させられる可能性も十分にあるでしょう。