現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 未経験の人が現場監督になるためのステップと必要な能力 » ステップ3:資格を取る » 電気工事施工管理技士の資格を目指す

電気工事施工管理技士の資格を目指す

建築や土木、管工事等、いくつかの種類がある施工管理技士資格。このページでは現場監督を目指す人のために「電気工事施工管理技士」の資格内容や取得方法についてまとめています。

電気工事施工管理技士とは?

資格の特徴

電気工事施工管理技士とは、照明装置や送電・変電設備、各種配線工事といった電気工事に関わる現場で、現場監督として施工管理(品質・工程・安全・コスト)を行うための資格です。

電気工事施工管理技士には1級と2級の区別があり、1級は2級よりも管理できる工事の規模や範囲が広くなります。また1級電気工事施工管理技士であれば、主任技術者や専任技術者のほか監理技術者の役目も担えるため、大規模な工事を行う企業では需要の高い資格と言えるでしょう。

電気工事施工管理技士と電気工事士の資格は異なる

電気工事施工管理技士はあくまでも「電気工事の施工管理を行う責任者」であり、電気工事士の資格取得者のように電気工事そのものを担当することはできません。

ただ電気工事施工管理技士は電気工事や電気設備などについて豊富な知識や経験を有している専門家であることには違いないため、合わせて電気工事士の資格を取得する人も少なくありません。

また第一種電気工事士の資格を取得している人であれば、電気工事施工管理技士の受験資格として必要な実務経験が免除されることも特徴であり、二つの資格を取得すればキャリアアップに繋げられることも。

資格の取得方法

資格取得には施工管理技術検定を受験して、それに合格する必要があります。

1級・2級ともに検定試験には第一次検定と第二次検定が用意されており、第一次検定に合格した人のみが次の第二次検定に進めるため、まずは第一次検定の合格を目指すことが資格取得の大前提となります。

資格取得の条件

2級の場合

第一次検定のみであれは17歳以上が受験できるものの、第二次検定へ進むには実務経験が必要です。実務経験は最終学歴によって短縮され、大学の指定学科卒業者であれば年数も短縮されます。

1級の場合

大学の指定学科卒業者であれば卒業後3年以上、中卒者であれば15年以上というように、学歴に応じた実務経験年数が求められます。

電気工事士など関連資格を保有していれば実務経験が免除されるため、先に電気工事士の資格を目指すのも一つの方法として挙げられるでしょう。

電気工事施工管理技士に求められる業務内容

電気工事は漏電や感電の危険がある他、配線は壁や天井の中に隠れてしまうため、正確かつ安全な施工管理が求められます。また設置する機械や設備に応じた電力計算など、全体のバランスを整えることも電気工事施工管理技士の役目です。