現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 現場監督の仕事内容 » 現場監督としてホワイトな環境で働くには

現場監督としてホワイトな環境で働くには

現場監督の仕事でホワイトな職場環境は目指せる

現場監督という仕事を目指すうえで、建設業界がホワイトなのかブラックなのかは気になるところでしょう。「残業は当たり前」「職人さんから怒られて心が折れる」など、現場監督に関するネガティブな情報が目に入り、不安を感じるかもしれません。

ここでは仕事内容や現場での事例を元に、職場環境の実態について解説します。

現場監督がブラックだと思われている理由

他業種と比べて実労働時間・出勤日数が多い建設業界。現場監督の仕事は、工程管理・安全管理・原価管理・品質管理と幅広く、責任のあるものばかりです。当日の現場作業が終わっても、翌日の準備のために夜遅くまで残業が続くことが多いかもしれません。職人さんを束ねる立場にありながら、逆に怒鳴られることもあるでしょう。

ブラックな職場環境を生み出す原因として、「やりがい」や「成長」が見いだせないほどに、仕事に忙殺された状態に陥っている可能性があります。

せっかく目標を持って飛び込んだ世界でも、仕事をこなすだけの日々では仕事のやりがいは見えなくなってしまうでしょう。気持ちに余裕を持って働くためには、職場環境の見極めが大切です。

働き方改革によって変化する職場環境

政府が進める働き方改革により、業界全般で労働環境の改善が行われています。

建設業界は、慢性的な人手不足の問題を抱える状況です。休日が少なく、労働時間が長い業種と言うイメージのままでは、若い人材は入ってきません。国の基幹産業の一つでもある建設業では、労働環境の改善が進められており、違反した会社には罰則が科されます。

一昔前のように「長時間働くほど頑張っている」という価値観も変わってきています。より効率的に、生産性の向上を目指した取り組みが業界全体で行われているのです。

他業種と同様に、建設業界でも男性の育児休暇を認める会社が増え始めました。フレックスタイム制の導入もあります。さまざまな新しい試みが徐々に当たり前になっていけば、今はまだ懐疑的な会社も、自然と順応を求められるようになるでしょう。

地方の企業や派遣会社はホワイトな環境が多い

建設ブームの今、都市部の会社は現場監督の人材不足に悩まされています。人口が少なくなる地方は、さらに足りない状況です。現場監督を雇用したくても、より良い条件でなければ人材を確保できません。都市部を上回る賃金の提示が難しい地方の会社では、ホワイトな労働環境作りに努めて、人材確保を行っています。

正社員にこだわらなければ、派遣社員という選択肢もあるでしょう。建設会社ではなく派遣会社との労働契約なので、ブラックな働き方の強要、あるいは契約と違うことが起こった場合は、派遣会社へ訴えられます。法律違反と認められると処罰の対象です。第三者からの物理的な抑止効果があるので、ブラックな労働環境になりにくいのがメリット。ホワイトな環境で働きたい方は、派遣社員を選択肢に入れて検討するのもおすすめです。

パソコンに強い上司の元で働きやすい環境を手に入れる

建設業界は他業種と比べて、働き手の平均年齢が高いと言われています。傾向として、現場の統率力が高くて知識が豊富でも、パソコン操作が苦手な方が多いようです。

建設業界でも手書きの資料は少なくなり、Excelやwordの資料が主流。図面に関しても、CADをはじめとしたソフトを使って作成されます。上司が苦手な作業は、自然と部下に回ってくるもの。仕事量が増えて、ブラックな働き方になる原因の一つとなっているようです。

ホワイトな働き方を目指すなら、上司や一緒に働く人が「現場の経験や知識」に加えて「パソコン操作のスキル」を持っているかが、大切な判断材料となります。入社する前に、社員が不自由なくパソコン業務をこなしているかどうか、確認しましょう。研修制度が整っている会社であれば、在籍する社員のスキルも全体的に高いと予想できます。

残業代を払ってくれる会社

ブラック企業と判断できるポイントの一つに、サービス残業の多さが挙げられます。

現場監督は残業が多すぎるというイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、ブラックな職場環境かどうかは単に残業の多さだけでは判断できません。残業代が支払われているかの見極めが重要です。

働いた分の残業代を支払ってくれる企業なら、給与は働いた時間に比例して高額になります。たくさん働いて稼げる職場は、稼ぎたい人に適していると言えるでしょう。

現場において重要な人間関係

ホワイトな現場は、人間関係が良好でストレスも少ない環境です。一見荒っぽくみえる職人さんでも、仲間と認めれば、親身になって現場監督を支えてくれるはずです。

雰囲気が良いだけで作業効率は上がり、積極的にミスもフォローできる環境になるでしょう。

チームで協力することが不可欠な建設現場では、日頃から、現場の職人さんとの信頼関係を築いておくことが重要です。

現場監督は現場や会社次第でホワイトな職種

結論として、現場監督の職場環境にはブラックもホワイトも存在します。

ホワイトな環境で仕事を頑張りたいと考える場合は、自分に合った労働環境を見極めて、希望に沿う会社や働き方を見つけることが大切です。

現在は働き方改革によって、労働者にとっては追い風の状況だと言えます。現場監督として、ホワイトな労働環境を見つけるチャンスを、逃さないようにしましょう。