現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 未経験の人が現場監督になるためのステップと必要な能力 » ステップ3:資格を取る » 独学で資格は取れるの?

独学で資格は取れるの?

施工管理技士には受験資格がある

施工管理技士になるための技術検定は、建設業法第27条に基づき、国土交通大臣指定機関が実施する国家試験です。施工管理に携わる方には必要不可欠な資格で資格取得には大きなメリットがあります。

しかし、受験資格には、学歴で違っている、満たさなければならない実務経験などが以下のように詳細に決められています。

<1級建築施工管理技士の受験資格>

指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合

  • 大学の指定学科を卒業して3年以上の実務経験がある方
  • 大学の指定学科以外を卒業して4年6か月以上の実務経験がある方
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業して5年以上の実務経験がある方
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して7年6か月以上の実務経験がある方
  • 高等学校の指定学科を卒業して10年以上の実務経験がある方
  • 高等学校の指定学科以外を卒業して11年6か月以上の実務経験がある方
  • 上記学歴によらない場合は15年以上の実務経験がある方
  • 二級建築士試験合格者で合格後5年以上の実務経験がある方
  • 2級建築施工管理技術検定合格者で合格後5年以上の実務経験がある方
  • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学がある方
  • 高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業して9年以上の実務経験がある方
  • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して9年以上の実務経験がある方
  • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して10年6か月以上の実務経験がある方
  • その他の者は14年以上の実務経験 がある方

専任の主任技術者を1年以上含んでいる場合

  • 高等学校の指定学科を卒業し8年以上の実務経験がある方
  • 高等学校の指定学科以外を卒業し9年6か月以上の実務経験がある方
  • その他の者は13年以上の実務経験がある方
  • 2級建築施工管理技術検定の合格者で合格後3年以上の実務経験
  • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で短期大学がある方
  • 高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業し7年以上の実務経験がある方
  • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科を卒業して、7年以上の実務経験がある方
  • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の者で高等学校の指定学科以外を卒業して、8年6か月以上の実務経験がある方
  • 2級建築施工管理技術検定合格証明書交付後5年未満の方その他は12年以上の実務経験がある方

<2級建築施工管理技士の受験資格>

  • 大学の指定学科を卒業し1年以上の実務経験がある方
  • 大学の指定学科以外を卒業し1年6か月以上の実務経験がある方
  • 短期大学、高等専門学校(5年制)の指定学科を卒業し2年以上の実務経験がある方
  • 短期大学高等専門学校(5年制)の指定学科以外を卒業し3年以上の実務経験がある方
  • 高等学校の指定学科を卒業し、3年以上の実務経験がある方
  • 高等学校の指定学科以外を卒業し4年6か月以上の実務経験がある方
  • その他は8年以上の実務経験がある方

実務経験が必要

施工監理技術者には、施工計画、安全管理、品質管理、工程管理などの事項において、技術的応用力や人を効率的に動かす指導力やマネージメント能力も求められます。

また、最近では、法令順守や環境への意識の高まりからリユースやリサイクルなどへの取り組みにも配慮しなければなりません。こうした能力は、日々の業務のなかで自然と身についていくものです。

そのため、実務経験が特に重視されています。

合格率は低く下がり気味

監理技術者の人材不足が社会問題になっていますが、資格取得のためには学科試験と実地試験があります。ここ10年の傾向として、両方とも合格率は下がってきています。

国土交通省も危機感から受験資格等の見直しを行っているようですが、監理技術者の不足は、なかなか改善しない様子です。

独学、通学、通信講座のメリット・デメリット

施工管理技士の試験は、択一式問題と記述式問題が出題されます。合格率は20%~40%程度と決して高くはありません。

独学

  • メリット:費用が安く済む
  • デメリット:挫折の可能性が大きい

通学

  • メリット:効率よく勉強できる
  • デメリット:学費が高く仕事との両立が困難

通信講座

  • メリット:自宅で勉強ができる
  • デメリット:お金がかかる、モチベーションが続かない

それぞれの方法のメリットデメリットを比較して、自分に合った勉強方法を選ぶことが大切になりますが、実際に資格を取った人には何か工夫があるのかもしれません。