現場監督のタマシイ|現場監督になるには?未経験で現場監督になるための情報ガイド » 未経験の人が現場監督になるためのステップと必要な能力 » きんでん

きんでん

1944年設立の関西電力グループである「きんでん」。1964年開催の東京オリンピックをはじめ、日本の歴史とともにインストラクチャーを築いてきた企業です。ここでは、きんでんの事業の特徴や社風を含め、紹介していきます。

きんでん
画像引用元:きんでん公式HP
https://www.kinden.co.jp/

時代に合わせたインフラを構築してきた企業

高い技術力と開発力で創造する

大きく分けて「エネルギー」「環境」「情報」の3つの事業を提供しているきんでん。さらに細かな事業領域については、電気設備・計装設備・情報通信設備・空調 衛生設備・内装設備・土木設備があります。これらの設備は、建物には無くてはならないものです。きんでんは、国内に限らず世界各国の建物建築に数多く携わってきました。

誰もが知る話題の商業施設やホテルなどの建築設備を総合的にサポートする、先進的な技術に自信のある企業です。幅広い分野の技術力を駆使し、時代や地域を代表する建物の設備の設計・施工・エンジニアリングを実施。豊富な実績と開発力・実行力により、日本のリーディングカンパニーとして社会の発展に貢献しています。

一人ひとりの知恵と力で生み出す付加価値

1950年代に手掛けた海外工事を皮切りに、今や都心部を形成する一つの建物の象徴でもある超高層ビル、インテリジェンスビルなどにも着手してきました。変革を恐れず、挑戦し続け社会を支えてきた企業のひとつです。

きんでんは業界トップクラスの実績を持ち、技術力の向上に努めてきました。社員一人ひとりが、必要な知識と技術を身に付けるべくバックアップする様々な研修制度も魅力です。プロジェクトを担うのは、会社ではなく社員と考えています。プロとして活躍する専門的な力のほか、コミュニケーション力やチームを育てる力を養うことができる現場で実践。一つの力がチーム力となり、今までに経験のない仕事も数多く完遂させてきました。

企業としての功績は、社員一人ひとりが創り上げてきた企業財産であるという思いを持つきんでん。今後も私たちの生活を支える、時代ごとに求められる新しいインストラクチャーを形成していくのではないでしょうか。

年齢を問わずチャンスを得られる環境

「社員全員が経営者」が、きんでんの理念です。きんでんでは、様々なプロジェクトにおいて、現場裁量が大きいことも特徴です。プロジェクトを預かるという自覚と責任感を実感できる点でも、若手社員にとっても刺激的な職場環境と言えます。また、きんでんは世界90ヵ国をフィールドとして活躍する企業です。海外で仕事をしたいという人にとってチャンスが多く、若くして海外赴任を経験する社員も少なくありません。

会社の名に負けないほど社員一人ひとりの意識が高く、一つひとつの仕事に責任を持って取り組む姿勢が印象的です。チームとして、一人の経営者として日々仕事と向き合う社員力が企業を支える要ではないでしょうか。早い段階で大きな仕事が任せられ、多くの経験や学びを得ることができるきんでん。色々な仕事に携わることで、自らを成長させられるでしょう。

暮らしを豊かにする総合設備エンジニアリング

私たちの暮らしは、時代と共に様々なカタチへと変化してきました。きんでんは、時代のニーズに合わせたあらゆる先進的な設備の提案・施工により、社会を創ってきた企業です。人々が安心・安全に、尚且つ利便性と快適性のある暮らしができるよう、自社が誇る技術を提供しています。

きんでんは創業から現在に至り総合設備エンジニアリング企業として、様々な分野のプロの技術を磨き続けているのが特徴です。これから変わりゆく社会にも、成長するきんでんの技術力によって応えてくれるのではないでしょうか。

建築実績

  • 渋谷ストリーム
  • 明治神宮ミュージアム
  • GINZA SIX
  • 東京ミッドタウン日比谷
  • 住友不動産大崎ガーデンタワー
  • 三井ガーデンホテル五反田
  • 藤沢市本庁舎
  • 東京ビックサイト東新展示棟
  • JR埼玉新都心ビル
  • JPタワー名古屋
  • ららぽーと海老名
  • なんばスカイオ
  • ラグーナベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート
  • 日清食品 関西工場
  • あかがねミュージアム
  • ワタリナ スイーツ
  • ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・ワイキキビーチ
  • アナハタワー

会社情報

株式会社きんでん

所在地:本店 大阪市北区本庄東2丁目3番41号/東京本社 東京都千代田区九段南2丁目1番21号

電話:本店 06-6375-6000/東京本社 03-5210-7272

きんでんが現場監督に求める資質とは

きんでんでは、変化に対応することのできる人材「きんでんマン」の育成に注力しています。時代の流れに合わせて目まぐるしく変化する社会。技術力を含む、人としての総合力を習得するための全社員対象の施設「きんでん学園」や技術教育の拠点の場として設けている「人材開発センター」のほか、留学生が海外で活躍できるよう電気工事技術者の育成も行っています。

社員が企業をつくると考えるきんでんでは、厳しい環境のもとで行う仕事もあり、そんな中でも自分の役割を全うできる強い意志が求められるようです。「大きな仕事に携わりたい」「多くの知識と経験を身に付けたい」という意欲的な人にとっては、研修制度なども十分に整備された職場環境と言えるでしょう。

きんでんのプロジェクトについて

きんでんでは、プロジェクト詳細は公表していません。しかし、数多くの建築設備施工に係わるきんでん。ここでは、きんでんが総合設備エンジニアリング企業として手掛ける建物や設備について紹介していきます。

きんでんが手掛けるビル

きんでんは、2019年だけでも9つのビル建築に携わっています。新たな都市のシンボルともなる、渋谷ストリームもその一つです。所有形態や用途が様々なビルですが、現代では省エネで環境にも配慮した建物をベースとして建築計画をする施主も増えています。また、一般住宅に比べて多くの人の出入りがあるビルでは、セキュリティ対策や自然災害に対する備えも重要な設備です。

きんでんでは多業種などフロアごと異なる目的や利用方法など、ニーズに合った空間づくりをサポート。例えば、データセンターなどでの停電による電力供給ストップは大惨事になります。きんでんでは、非常事態による通信障害を防ぐた、の信頼性の高い電源供給システムなどを提供。それぞれに必要な設備の提供を行い、安全性の高いビル建築を担う企業として活躍しています。

きんでんが手掛けるホテル

訪日外国人が急速に増加している近年、注目を浴びているのがホテル業界です。現在、経済効果をもたらすインバウンド促進政策は、国が挙げて力を入れているひとつ。外国人旅行客の受け入れ増加に伴い、ホテル需要も高まり都心部を中心に建設も増加しています。きんでんがホテルに大切と考えている設備は、旅行客の安全を守るセキュリティ対策のほか停電時でも事業継続可能とする非常用発電設備の増強。

また、ビルなどと異なり24時間稼働を伴う特殊用途のホテルでは、防音・振動対策や設備の保守対策も必須機能です。洗練された雰囲気を持つビジネスホテルとしても知られる「三井ガーデンホテル五反田」、水辺に浮かぶクルーザーのようなラグジュアリー空間が魅力の会員制ホテル「芦屋ベイコート倶楽部&スパリゾート」なども、きんでんが手掛けています。旅行客の快適性が事業の運営にも影響するホテル。きんでんでは、各企業が掲げるコンセプトに応える安全で高機能な設備の提案・施工を行っています。

きんでんが手掛ける医療施設

日本で暮らす人々の健康を守る医療施設。近年では大規模災害などにより、地域の災害拠点として必要な機能の見直しなども行われています。医療施設は、経営側・施設管理側・医療スタッフ・患者など様々な立場の人の利用により構成。施設管理の視点である障害や災害に強く、迅速な復旧を可能とする「安心・安全」をベースに要望の異なる人々の求める部分を拾い上げることからスタート。

また、バックヤード業務の効率化とフロント業務の質の向上を念頭とした技術も提供しています。医療スタッフの求める医療の質の向上、経営者が求める病院経営の効率化、患者が求めるサービスの向上など3つの視点から生み出す医療施設に必要とされる設備。きんでんは、多くの人が利用する医療施設を知恵と技術によるトータルソリューションで支えています。

きんでんが手掛ける工場

「モノ」を生産するために様々な企業が保有する工場。製造業の企業にとっては、自社の顔となる重要な製品をつくる大切な場所でもあります。きんでんでは、各企業によって異なる取扱い原料や製品、製造設備の特質を考慮した環境づくりの提案をしています。日本をはじめタイ、インドネシアの工場施工にも携わった2019年。1年を通して8つ以上の建築設備を担当しています。バイクの製造などでも知られる「ヤマハ発動機 浜松工場」やカップラーメンで有名な「日清食品 関西工場」など、食料品や機械など幅広い製品の製造工場にも対応しています。

工場内の建築設備として重要な室温。きんでんでは、高温・低温の室内に対して耐熱・保温や結露の対策まで行っています。また、食料品の製造現場で重要とされる防虫対策やフードディフェンスなど、製造するものに応じて必要な設備の提案。決まり切った仕様ではなく、企業ごと効率的で安全に製造が可能となるよう技術を駆使して提供する最適な設備施工が、様々な製造業に選ばれる理由ではないでしょうか。

1日のスケジュール

きんでんで働く施工管理者の1日のスケジュールは、公表されていませんでした。施工管理者は、現場に足を運び、作業の進捗を確認しながら施工工程の調整を行うこともあります。おそらく、プロジェクトが動き出してからは、現場での仕事も多いのではないでしょうか。また、様々な書類作成も業務のひとつです。プロジェクトを運ぶ責任と管理のある施工管理者は、プロジェクトの状況に応じて、自分の1日のスケジュールを決めているかもしれません。

きんでんで現場監督(施工管理)をしている人の声

自分で現場を切り盛りするのが魅力

責任も大きい仕事ですが、その分やり甲斐も大きい仕事が施工管理だと思っています。入社当初から早く現場を任せてもらえるようになりたいと願いながらも、毎日仕事を覚えることに精一杯でした。色々な工事に携わり、失敗をすることもありましたがその経験が今の自分の仕事との向き合い方のベースになっています。一つの現場を最初から最後までやり遂げた時の達成感は、自分の自信にもつながりました。きんでんは、社員が大きな目標を持ち日々チャレンジしながら成長できる会社です。

誇りを感じる、社会に必要不可欠な仕事

入社後、石油・医薬品などのプラント施工管理を任されるようになりました。プラントの現場では、その都度の現場状況によって施工計画を詰めていきます。最初は知識も足りず仕事に追われる日々でしたが、施工管理としての自分の役目が明確になってから仕事の魅力にも気づきました。プラントの施工は、人目に触れやすいものではありません。しかし、必要不可欠な仕事であると思っています。これからもきんでんで多くの経験を活かし、会社の歴史に残るような建物を残すことを目標に頑張りたいです。

内装のプロとして信頼を得る仕事をする

入社を希望した理由は、照明や空調・情報設備などを行う設備のプロだからこそ可能な内装の仕事に携わることができるのではないかと思ったからです。社員は豊富な知識を持つ人ばかりなので、自分も専門知識を身に付けようと決意。実際に施工管理として現場に出ると、知識のほかにも調整力の重要性を感じました。

現場には自社の社員だけでなく、建築や設備にかかわる他業者も多くいます。責任のある立場でプレッシャーを感じることもありますが、工事が滞りなく進み、快適な空間を提供することができたときは嬉しいです。自分に任せたら間違いないと施主様に言われるような人物になりたいと思っています。

きんでん まとめ

70年以上、時代と共に歩んできたきんでん。前を向き新しいことへ取り組む姿勢と、それを実現させる知識や技術を絶やさずに日々前進しています。社員一人ひとりが確かな目標を抱き、自分の役割を見つけることができる職場環境が整っている企業という点は、働く人にとってもプラスの要素です。自分の役割をしっかりこなし、プロジェクトのチームにも貢献する意識の高い社員も多いことが特徴的。何よりも積み重ねてきた高い実績が、きんでんの技術力や実行力の証ではないでしょうか。